2018年11月17日 (土)

実験用安定化電源1号機の再製作

 先日、コンデンサが破裂した実験用安定化電源1号機ですが、用意したケース等が無駄になるので、再製作しました。

 ところで、コンデンサには防爆弁ってものがあるのに、何故防爆弁が作動せずに、アルミキャップ毎吹っ飛んだのでしょうかね?やっぱり中国製のインチキなコンデンサだったからでしょうか?

ステップダウン コンバータです
低出力リップル、高周波コンデンサは出力リップルを低減します。 LEDドライバに適しています。 入力電圧:5-40V 出力電圧:1.2-35V(連続可変) 出力電流:9A(電源管温度が65℃を超える場合は冷却ファンを追加してください) 定電流範囲:0.2-9A(調整可能) 出力電力:最大出力は約 300W

 前回は、ステップ アップ/ダウン・コンバータでしたが、今回はステップダウン・コンバータで入力電圧を昇圧することは出来ません。

 同じ物を購入して、再び恐ろしい目に遭うのも嫌なので…

_dsc3820w400

 左:前回ぶっ壊れたコンバータ
 右:今回購入した降圧専用コンバータ

 若干基板サイズに違いがありますが、ケースに入らなくなることはありません。

_dsc3821w400

 左:前回のコンバータは多回転ポテンショメーターが200KΩでした。
 右:今回のコンバータは 10KΩ

 10KΩのパネル取付用ボリュームを急遽用意しました。

_dsc3822w400

 動作確認用に乾電池 (006P 9V) を使用します(笑)

 これなら回路がショートしていたとしてもコンデンサの爆発は起こらないでしょう…

 普段ならこんな面倒なことしないけど、トラウマになりそう…

_dsc3823w400  大丈夫な様です。
_dsc3824w400  配線を完了しました。
_dsc3826w400

 ケースに収めて、改めて動作確認します。9V の電池に 120Ωの抵抗を繋いで電圧/電流を確認します。

 電圧:8.53V (負荷に依り若干電圧降下してます)
 電流:0.06A

 計算上電流は 0.071A ですが、まぁこんなものでしょう!

Fang  パネル前面に大きく開口した穴は、ファンガードで塞ぐ予定で、未だ amazon から部品は届いてません。
_dsc3828w400  本来の使い方、AC アダプタを繋いで動作させましたが、今の処問題は無さそうです。

 ボリュームを新規購入したりと追加投資が必要でしたが、なんとか1号機が完成(一部部品待ち)して嬉しい…

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

業務連絡

 業務連絡!S さん、First Class の部屋を予約しました!

20181115_131934w400

 機材は LIVEDAM STADIUM STAGE です。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

実験用安定化電源1号機…コンデンサ破裂しました。

 …の続きです。

 ケースの加工と部品の取り付けが完了したので、今日は内部の配線を行います。

_dsc3803w400  ケースのパネルにボリュームを装備する為、電圧/電流調整用ポテンショメーターを取り外して使う事にしました。
_dsc3810w400

 ボリュームにリード線を付けて、DC コンバータ基板に接続します。

 ボリュームは 200KΩBカーブ

_dsc3816w400

 内部配線が完了しました。

 今回は PC 用の ATX ケーブルを使ったので、実験用安定化電源の完成で配線したケーブルよりも太くなってます。

_dsc3818w400

 電源は内蔵とせずに、外部の AC アダプタを使う予定です。取り敢えずノート PC 用 19V 4.74A の AC アダプタを使います。

 1号機よりも大電流が扱える仕様としました。

 配線に問題が無いか確認後通電を行いました。

 写真は撮影してませんが、電圧計も動作したので電圧調整用ボリュームを回して電圧が変化することを確認してました。

 ボリュームを一番左に回し切った直後、基板から ”バチバチ” と音がして、白煙が上がり次の瞬間コンデンサが大きく ”パン” と音を立てて破裂しました。

 電解紙が周囲に飛び散りました。

_dsc3811w400

 かなり驚きました。電解紙が右手に当たり小さな傷を負いました。

 目に入らなくて良かった…

_dsc3813w400  こんな感じ…
_dsc3815w400

 電解液は殆ど吹き出ず、電解紙はカラカラに乾いてました

 電解液で部屋が汚染されなかったのは幸い。

 コンデンサの不良品を掴まされたか?

_dsc3817w400  赤丸部分には他の3個と同じコンデンサが配置されてましたが、アルミケース毎吹っ飛びました。

 情報を得る為カスタマレビューを読むと…

1)基盤から抵抗を外して調整していると、破損して電圧が1.25Vから60V以上可変するようになり、さらに低圧部の変圧が出来なくなり追加購入。

2)入力側の電圧が無い状態で作動スイッチをオンすると、ショートモード?になるようで、ものすごい発熱します。
入力電源の立ち上がりより少し遅れて作動スイッチONとなるようなディレイ回路を外部に仕込んでやることで、このモードに入らないで安定作動するようになりました。

 1)の方は写真入りでレポートされてますが、自分と同様にポテンショメーターを外してケースにボリュームを取り付けて電圧/電流調整を行える様にした処、破損したそうですが、コンデンサがパンクしたかは判りません。

 また、2)の方の意味がよく判りませんが ”ショートモード?” というのも気になります。

 なんだか判らないけど、ポテンショメーター(半固定抵抗器)を目一杯回し切って使うと危険な様です。

 ボリュームに変更した点は等価回路なので問題無い筈ですが…

 未だ届いてない部品も含めて、揃えた部品が無駄になってしまいました。

 実験用安定化電源の完成の様に最初から電圧調整ボリュームが搭載されているモジュールを使う方が安全です。

 結構気に入ったデザインの電源に仕上がったので残念です。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

実験用安定化電源1号機の製作

 昨日に続き、勢いで1号機の製作を開始しました。(2号機を先に完成させました)

_dsc3804w400

 ケースはタカチ LCT165-N-D0 を使います。

 カラオケ用トランスミッタを製作したケースと同じで、カバーが違うだけ…

_dsc3806w400

 電圧/電流計、電源スイッチ、DC プラグを取り付けました。

_dsc3803w400

 電圧、電流調整のサーメットトリマを基板から外します。

_dsc3807w400  出力用バナナジャックと、電圧、電流調整用ボリューム(200KΩ)を取り付けました。
_dsc3808w400  DC コンバータの高さがケースの内寸より若干高く、僅かなケースの膨らみを気にしなければ内蔵可能だけど、熱でプラスチックケースが溶ける可能性もあるので…
_dsc3809w400  DC コンバータの放熱器部分を思い切って開口しました。
61nithc8ysl__sl1100_w400

 開口部に蓋をする為に、50mm ファン用のファンガードを注文しました。

 届くのに2週間程度掛かるので、完成はそれ以降となるのですが…

 ファンガードの到着を待たずに工作は進めるつもりで、明日は内部配線を行う予定。

 今更なんだけど、デジタル電圧計 電圧パネルヘッド が何 A まで計測出来るのか調べずに購入してしまった orz 一応仕様は下記の通りなのだけど…

サイズ: 48 × 29 × 22 mm
ディスプレイカラー: 赤・青 LED (デュアルディス プレイ)
表示: 0.28"LED デジタル
動作電圧: DC 4.0 ~ 30 v
測定電圧: DC 0 ~ 100 v
最小解像度 (V): 0.1 v
リフレッシュ レート: ms/回
測定精度: 1% (± 1 桁)
最小解像度(A): 0.01A
動作電流: < 20 ma
マウント素材: 46 × 27 mm
動作温度:-10 ~ 65 ° c
含まれているパッケージ:
1 * DC0-100 v 電圧計電流計

 追記:

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

実験用安定化電源の完成

 …の続きです。

 1号機は後日完成させます。更に部品を取り寄せ中なので…

_dsc3792w400

 右:昨日届かなかったバナナジャック
 左:届かないかも知れないと、お急ぎ便で注文したバナナジャック

 今日届くなら、左)を購入することもなかった orz

_dsc3788w400  メガネプラグ取付の穴を開けました。
_dsc3789w400  AC はここから入力します。
_dsc3791w400

 電源スイッチを装備して…

 上記工作で購入したスイッチを使いました。
 電圧、電流計を装備しているのでパイロットランプの無いスイッチです。

_dsc3793w400

 DC 出力端子を装備します。

 テスターに使うバナナジャックです。

_dsc3794w400  中は結構一杯詰まってます。
_dsc3795w400

 配線します。

 最大電流は 2A ですが、若干リード線が細いかな?

_dsc3800w400  テスター棒が挿さりますが、測定用の入力ではなく、出力端子です。
_dsc3801w400  裏面には何もありません。

 完成しました!

_dsc3798w400

 テキトーな LED を光らせてみました。

 電圧:1.97V
 電流:0.013A
 電力:0.02W

 U-IN(入力電圧) 25.3V

 と表示されてます。

 昨日に続いて一気に製作しましたが、中々にコンパクトで使い道がありそうな実験用電源が出来ました heart04

 本当はテスターの様に、縦長にレイアウトしたかったのですが、スイッチング電源を内蔵する為に横型となってしまったのが残念です。

 電流も同時に測れるのは、やはり便利です。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

実験用安定化電源の工作が中々進まない

 職場のストレスや体調不良もあり、実験用安定化電源を製作しようと部品を揃えたものの (一部到着待) 中々工作が進まない。

 それでも今日は少しでも進めねば…と意を決して臨みます。

_dsc3775w400

 既に1か月が経過したけど、1号機も未だ完成せず。

 こっちの工作は後回し…

_dsc3777w400

 1号機に加えて2号機の製作用に電源の完成品を購入。

_dsc3778w400  これを入れるケースと、内蔵するスイッチング電源を用意。
_dsc3772w400

 電源は 25V-1.9A の AC アダプタを分解したものを使います。

 殻割はカッター型の鋸で行いました。

_dsc3780w400

 ケースに四角い穴を加工するのが面倒で先延ばしして来ました。

 アルミに比べるとプラスチックなので加工は楽ですけど。

_dsc3782w400

 プラスチック用カッターを使って穴を開けます。

_dsc3783w400

 四隅は小型の鋸で…

 因みに穴の大きさは 75mm x 40mm

_dsc3784w400

 30分位掛かったかな?

 穴開きました!

_dsc3785w400  電源モジュールを入れてみます。
_dsc3787w400  スイッチング電源は、中へ、この様に配置します。

 10/30 に amazon で注文した ”バナナジャック” が今日までに到着予定でしたが、未だ届かないこともあって、今日の工作はここまでにしよう。

 実は工作が面倒なら完成品を購入しようか?とも思いました。

61z5np0mhel__sl1280_w400
 格好も悪くないし、安いので自作してもケース等のパーツを揃えると似た様な値段が掛かってしまうし…

 結局、完成品だと 5A の出力は自分には不要だし少々大きいので自作することにしたのだけどね。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

Qua tab pz LGT32 の液晶交換 ②

 …の続きです。

 LGT32 の液晶パネルですが、AliExpress 等で売ってるかな?と思ったけど有りませんでした。

_dsc3765w400

 microUSB 端子焼損の本体の方が綺麗ですが、端子部分の見栄えは悪いので、液晶ワレした本体へ液晶パネルを貼ってニコイチすることにしました。

_dsc3766w400

 上記で使った厚さ 0.2mm の強力両面テープを使います。

_dsc3769w400  液晶ワレしていたケースは microUSB 端子が綺麗です。
_dsc3768w400  裏カバーは傷だらけで汚れも酷いです…
_dsc3770w400  所々凹みがあったり…
_dsc3767w400  が、画面は傷もなく大変綺麗なので裏を気にしなければ中々のタブレットに仕上がりました。

 幸い液晶ワレした方のメイン基板ですが、”画面が見えない為に初期化してません” とのことでパスワードロックに阻まれるかと思いましたが、パスワード掛かってませんでしたので普通に初期化出来ました。

 MSM8952 の 1.5GHz×4 と 1.2GHz×4 のオクタコアもまずまず速いですし、フルセグ TV チューナも搭載しているので使えるタブレットだと思います。

 解像度は FullHD なのですが、2560 x 1600 ピクセル(WQXGA) あると嬉しかった。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

Qua tab pz LGT32 の液晶交換

 microUSB 端子が焼損した Qua tab pz をゲットしました。

 ディスプレイは10.1インチ、1920×1200ドットのIPS液晶。チップセットは「MSM8952」で、1.5GHz×4と1.2GHz×4のオクタコア。RAMは2GB、ストレージは16GB。最大256GBまでのmicroSDXCカードをサポートする。メインカメラは500万画素、インカメラは500万画素。

_dsc3743w400

 充電プラグ側の問題と思われプラグが焼損し、本体のプラスチック部も溶けたという代物。

 充電プラグに赤燐でも使われていたのでしょうか?

_dsc3746w400  現時点では、microUSB 端子が利用出来ない為充電が出来ませんが、ご覧の通り本体は起動してます。

 裏蓋を外そうとしましたが、どうにも外す事が出来ません。

 web を探しても Qua tab pz の分解方法を言及しているサイトが見つかりません。

 分解せずに microUSB 端子を利用出来る様にならないものか…

_dsc3751w400  プラスチックが熱で膨れてプラグを引き抜く事が出来ない状態なので、プラスチックを削ります。
_dsc3752w400  折角綺麗な本体ですが、仕方ありません。
_dsc3753w400  焼損したプラグを引き抜く事が出来ました。
_dsc3759w400  が、microUSB ジャックを見ると、此方も焦げて炭になってて見るからに使えません。

 やはり、分解して microUSB 端子(ジャック)を交換するしかありません。

 これとは別に、液晶ワレした Qua tab pz を格安でゲットしてまして、液晶を外して分解方法を探ります。

_dsc3747w400

 SONY のタブレット同様、液晶パネルを外すことで分解を行ってみます。

_dsc3749w400

 分解出来ました。

 元々パネル割れのジャンク品をゲットしたので、パネルを外す際、更に割ってしまっても痛くありませんので分解は楽でした。薄い金属を使ってのパネル分離なので、手は痛い思いをしましたが…

_dsc3750w400  バッテリーの固定を初め、裏蓋にタップが立ってます。
_dsc3755w400

 因みに microUSB 端子はメイン基板に直付けではなく、この様に交換が可能な設計となってました。

 交換可能と言っても一般人がパーツを入手出来るとも思えませんけど。

_dsc3758w400  ということで、裏蓋と思ったカバーは本体の底であって、外せない事が判明しました。
_dsc3757w400  このカバーの上に色々な部品が載っている訳です。

 microUSB 端子が焼損した方の Qua tab pz に戻りますが、液晶パネルを外す以外に分解する方法がありません

_dsc3760w400

 先程同様にパネルを外しますが、割ってしまってはイケナイので、慎重に行います。

 同様にデザインされた Z2 Tablet の液晶パネルは幾度となく破損させた経緯があります。

_dsc3761w400  分離出来ました。
_dsc3762w400  本体側にも、液晶側にも両面テープの糊残りがあります。
_dsc3763w400

 かなり面倒ですが、糊残りを除去する必要もあります。

 Z2 Tablet の液晶は消しゴムで擦っているだけで破損させた経緯もあります。Qua tab pz のパネルは Z2 Tablet のパネルに比べると強固な様です。

_dsc3764w400  シール剥がしも使ってベタ付きを除去します。

 続く…

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

気管支炎で自宅療養中

 副鼻腔炎から気管支炎を患って暫く安静にしてます。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

手(テ)モートコントロール AeroNova (エアロノヴァ) の購入

 11月発売予定だった AeroNova を9月5日に注文してました。その後発売日が 10月15日13日に前倒しとなりました。

 注文時の価格は \5,832 のところ \5,519 でした。

 クリスマスのおもちゃ商戦に向けて品薄から、発売してからの購入だと値段が上がることを想定して予約注文を行った訳ですが、本日10月16日になっても品物が発送された形跡がないので、amazon で調べてみると…

 10月13日の販売価格は \4,200 前後で、本日は \3,936 でした。

 \5,519 で予約注文した方をキャンセルして、明日到着する \3,936 を別途注文しました。

 既に購入された方のカスタマーレビューは散々なものです。

勝手にフワフワ飛んでいってしまう。
今のところ一度もトリックに成功していない。
不良交換を検討するレベル。

購入してから次の日に1000円以上も値段が下がり気分が悪い。
バッテリーは350mAだが電流計を通したら3回とも340mAを超えた。5分フライト????おかしい。
バッテリーの持ちが2分位しか持たず説明書の通りやっても何回も天井とキスをしてしまう。
テレビのコマーシャルの様に安定しない毎回脚立を持ち出す始末だ。なんじゃこりゃ!

 ということで、キャンセルしたまま再注文は辞めようかとも思いましたけど、怖いもの見たさで注文しました(笑)

 …にしても、バッテリー交換が出来ない使い捨てだったとは思わなかった。

P9060016w600

 我が家のリビングは勾配天井で脚立も届かない高さなのでバッテリー切れで落下を待つしかないのか??

 購入した商品が全部まともに遊べない代物だったら、\2,500 程度まで値段が下がるだろうな。それともリコール回収か?

 明日届きます。


 ってことで届いた!

 amazon だけど、昨日 10/14 の値段は \3,936 でしたが、今日 10/15 は \3,799 毎日どんどん値段が下がっている!

 カスタマレビューも ★☆☆☆☆ 星1つのまま変わらない。どれも酷評ばかりwww

_dsc3730w400

 思ったよりも小さい!

 直径12cm位

_dsc3731w400  比較対象が悪いけど、Beats Studio と比較するとこの位。
_dsc3733w400

 先ずは充電せねば…

 赤点滅から青点灯に変わるまで約 50分~65分も掛かるらしい orz

_dsc3735w400  充電電流は 560mA スタートから徐々に下がってます。

 つーことで、充電完了待ち!

 今日中に遊べるかな?色々やることあるし…


 45分程経過したかな?

 充電はパソコンで行えって取説に書いてあるけど、パソコン持ってない人どーすんの?

 取り敢えず自分は 5V-2A のスマホ充電器で充電したけど。

_dsc3736w400  充電電流も減って、そろそろ充電完了かな?
_dsc3737w400  青点灯って話でしたが、緑点灯に変わったので充電完了した様です。
_dsc3739w400

 どれどれ…

 やっぱり天井に向かってどんどん上昇してしまいます。

 まったくコントロール出来ません!

 遊ぶには 3m 四方の何もない(テーブルや椅子もダメ)空間が必要で、我が家にはその様な広い空間が存在しないので…日本の狭い家じゃ無理じゃね?

 障害物が存在するとダメな様です。

 会社に持って行って昼休みにでも遊んでみよう…

 広い空間でもコントロール出来ないなら、クソゲー決定。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«JUNK 品の詰め合わせセットを頂きました