« 今度は W2306C (ジャンク)落札! | トップページ | W2600 (電源不具合)不良部品ほぼ特定! »

2006年9月17日 (日)

W2306C ジャンク品到着

P9170105w300  W2306C のジャンク品が本日到着した。昨日まで上海出張で DELL モニター弄りが出来なかったので、久しぶりの記事だ。

 W2306C は W2600 とは事情が違って、思った通り電源は全く投入出来なかった。裏蓋を開けて、制御基板と電源基板を取り出してみるが、問題のありそうな箇所が見当たらない、電源基板にヒューズが3個実装されているが、何れも断れていない。

P9170106w300  今回の W2306C には 念願のリモコンが付属していた、W2600 のリモコP9170112w300 ンとは一部キーが違って Picture in Picture 等が行なえないリモコンであるが、これがゲット出来ただけでも W2600 の操作性が格段に上がる為、W2306C が修理出来なくても購入した価値はあったと言える。

 …で、両方の基板をじっくり見たが、電源が投入出来ない原因を回路図なしで、見極めることは全く不可能という結論を見出すには1時間と掛からなかった。そういう訳で W2306C を修理することは、あっさりと諦めた。W2600 の基板とは大分作りが変わっていた。)再利用目的も早期に考える必要があるな~

 もし、W2306C の不具合を簡単な修理で解決出来ると思っていた方には申し訳ないですが、デル株式会社との裁判全記録 こちらを参考に DELL に返金訴訟でも起こして下さい

 リモコンも入手出来たので、W2600 を何とかしたいと思い、扇風機の変わりに小型なPC用ファンを使用することにする。P9170114w300

 ADDA 社製 3,500rpm 騒音 23.0db のかなり静かなファンだ。 P9170113w300

 以前から怪しいと思っていた、ヒートシンクの装備されていない部分に送風し、TVを30分程視聴して、電源 OFF --> ON を行なったところ、扇風機同様問題なく電源を再投入することが出来る為、温度の上昇が原因で起動不具合を起こしている部品はほぼ特定出来たと考える。

 ケース裏面に穴を開けてファンを取り付けて恒久対策とすることも出来るが、出来れば部品を交換してファンがなくても正常に使用出来る様にしたいと思う。

 今回 W2306C は起動してくれなかったし、修理も絶望的であったがリモコンがゲット出来た点で大いに満足している。1週間以上オークションを熱心に探しても、リモコンだけが出品されることはなかったので、リモコンを入手することを諦めかけていたので…

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 今度は W2306C (ジャンク)落札! | トップページ | W2600 (電源不具合)不良部品ほぼ特定! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/3477875

この記事へのトラックバック一覧です: W2306C ジャンク品到着:

« 今度は W2306C (ジャンク)落札! | トップページ | W2600 (電源不具合)不良部品ほぼ特定! »