« SC440 登場 | トップページ | DVD-ROM ドライブ »

2006年10月 9日 (月)

出番のない部品達

Pa090168w300  W2600 を修理する為にネットで購入した部品達である。追加のコンデンンサが本日届いたのだが、もう気力が失せた。結局、思いつきや閃きで悪い部品を特定してきたつもりだったが、全部ハズレ。たまたま自分がジャンク品で購入した W2600 は冷やせば使える良品だったということで、それも今では完全に不起動となったきっと他のユーザも同じ症状の道を辿ったのだと思う。

 完全に沈黙した制御基板を、譲って頂いた別の制御基板と入れ替えると気まぐれながら起動出来るので、やはり電源基板側の問題ではないと思える。また、この基板については冷却は意味がなく10秒でも起動した後は丸1日以上放置しないと次に起動することは出来ず(稀に数分で起動出来る場合もあるが)、何時完全に起動出来なくなるかも判らない。とにかく通電した時間に比例して状況は悪くなるので原因が掴めない。半田の不良との見方もある様だが見た目には特に悪い部分を発見出来ない。

 もう、疲れた…

 チューナやリモコン機能を望むと更に追加の投資も必要となるし、地デジが映る訳でもない TV の機能は捨て液晶パネルだけを利用し、 PC のモニターとして再生することが良策と思えてきた。

|

« SC440 登場 | トップページ | DVD-ROM ドライブ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/3741361

この記事へのトラックバック一覧です: 出番のない部品達:

« SC440 登場 | トップページ | DVD-ROM ドライブ »