« DELL SC430 を弄る | トップページ | 折角アクセスカウンタを設置したらココログが用意してくれた(T T) »

2006年11月 1日 (水)

W2600 2台目の故障箇所発見

Pict0002a_1  DELL W2600 の JUNK 品2台目は、すでに D-200K 化の改造が進んでいるが、改めて制御基板に故障箇所がないか見ていたところ、写真の通り COMPONENT AUDIO 端子付近の △8186ARU 0419 と書かれた IC と、その上のチップにコンデンサの液モレの様な腐食が発見された。フラックスか?なんだろう、近傍のコンデンサから液モレした訳でもない。

 昨日のアンプ内蔵スピーカユニット内のコンデンサ液モレにしても、これにしても、最悪だな!Ngw300

1代目の JUNK 品は目で見て、故障と判る箇所は発見できなかった。

まあ、でもこの2台目は近々コンパクト 26" LCD として生まれ変わる予定なので、制御基板が壊れていようが関係ないけどね。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« DELL SC430 を弄る | トップページ | 折角アクセスカウンタを設置したらココログが用意してくれた(T T) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/4024281

この記事へのトラックバック一覧です: W2600 2台目の故障箇所発見:

« DELL SC430 を弄る | トップページ | 折角アクセスカウンタを設置したらココログが用意してくれた(T T) »