« Winny で拡散する新たなウイルス | トップページ | PLAYSTATION®3システムソフトウェア バージョン 1.54 アップデート »

2007年2月27日 (火)

インフルエンザ治療薬”タミフル”でまたもや中学生転落死

 先々週、A型インフルエンザに罹って苦しんでいたが、自分も”タミフル”の処方を受けて服用していた。

 今日(2月27日)午前1時過ぎ中学2年の男子がマンション11階から転落して死亡する事故が起きた。(2007年2月27日11時40分  読売新聞)

 これまでにも、タミフル服用後の異常行動で16歳以下の子供が死亡した例は、2006年10月までに16件報告されている。つい先日の2月16日にも女子中学生(14)が自宅マンションから転落死したばかりだった。

 自分はインフルエンザに罹る前に”タミフル”服用後の異常行動が原因とみられる死亡事故を報道番組で見て記憶していた為、薬を処方されたときには、「これがタミフルか~」と思ったが、まさか今日も痛ましい事故が起こるとは思わなかったし、自分は約5日間服用していたが特に異常と思える行動の自覚もなかった(オッサンだしな)。いつもと違う行動があったとしたら、土日で「太鼓の達人」に出掛けなかった位か…

 子を持つ親はインフルエンザには気をつけて貰いたいものだ。


タミフルを飲んだ後、異常行動が起こり死亡につながったケースが報道されましたが、インフルエンザ自体の症状として、異常行動が起きることがあります。厚生労働省や日本小児科学会、米国食品医薬品局(FDA)は、「タミフルと異常行動の関連性を示す証拠はない」と公表しています。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

 

|

« Winny で拡散する新たなウイルス | トップページ | PLAYSTATION®3システムソフトウェア バージョン 1.54 アップデート »

「太鼓の達人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Winny で拡散する新たなウイルス | トップページ | PLAYSTATION®3システムソフトウェア バージョン 1.54 アップデート »