« NHK受信料義務化リミット「3月13日」… | トップページ | インフルエンザ治療薬”タミフル”でまたもや中学生転落死 »

2007年2月27日 (火)

Winny で拡散する新たなウイルス

 米シマンテックは 2月23日、ファイル共有ソフト 「Winny」 で拡散する新たなウイルスが確認されたとして注意を呼びかけた。

P1  このウイルスはアニメの MP3 ファイルに見せかけられており、実行するとWinnyの使用を警告するアニメ画像が表示されるとともに、パソコン中のファイルを削除・上書きする。

 ウイルスのファイル名は、「Master of epic the animation age P2OP+ Miracle
Episode I (MP3 128kbps).zip<多数のスペース>.SCR」など。一見、MP3 ファイルを収めPiro た 圧縮ファイル(zipファイル)あるいはスクリーンセーバーに思えるが、実体はウイルスプログラム。ダブルクリックすると動き出し、パソコンに感染する。今回のウイルスに限らず、Winny ネットワークには危険なウイルスが多数流通している。「自分は大丈夫」と思っている人ほど危ない。Winny を使っている人は、すぐに使用を中止しないと、甚大な被害に見舞われる可能性が高い。

 …ということなので、Winny ユーザは気をつけてね!

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« NHK受信料義務化リミット「3月13日」… | トップページ | インフルエンザ治療薬”タミフル”でまたもや中学生転落死 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK受信料義務化リミット「3月13日」… | トップページ | インフルエンザ治療薬”タミフル”でまたもや中学生転落死 »