« RealForce 2台目が届いた | トップページ | ヘッドマウント・ディスプレイ »

2007年6月28日 (木)

インテリマウス エクスプローラ 3.0 のホイール調整

Inte_ex30_pack_1   2002年に発売されたモデルに対して復活を求める声に依って2007年1月Inte_ex30_01s_1 に復刻した Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0 を購入した。元祖 Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0 は4台持っているが今年のモデルは初めての購入。

 最近のモデルは色が黒でカッコイイ。

 早速使ってみると、初代に比べてホイールの ”ぐりぐり” が重い!Microsoft Wireless Optical Mouse 2000 のホイールも重かったので分解改造することで回転を軽くして使っているが、今回も同様の改造(というよりは調整)することにした。

Peel  インテリマウスを分解する場合、滑りを良くするためのシール材の下にネジ4本が隠 Open_2れているので、カッター等を使って剥がす必要がある。

 ホイールのギザ部にクリック感を与えているプラスチック部品をカットする等して試行錯誤すると、なんとか滑らかな回転が得られる様になった。

Cut  何度も同じこと書くけど、最近の Microsoft マウスはホイールが重い傾向にあるが、これは大衆がそれを望んでいるからだろうか?自分は絶対ホイールの回転は軽い方が好きだ。そもそも余りに重いと回転させるつもりでホイールを押してしまわないか?

 一度は家中のマウスをワイヤレス化したが、やはりマウスの重量が重くなるためマウスを多用する PC では有線式 Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0 とワイヤレスを併用している。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« RealForce 2台目が届いた | トップページ | ヘッドマウント・ディスプレイ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RealForce 2台目が届いた | トップページ | ヘッドマウント・ディスプレイ »