« 安値更新!デル 30インチ液晶モニター 3007WFP HAS が \118,000 | トップページ | Labelflash(レーベルフラッシュ)対応ドライブ DVSM-XL1218 のファームウェア更新で DVD リッピング時間が短縮 »

2007年7月 4日 (水)

Web 用 PC を PentiumD 930 から Core2 duo E4400 に変更

 Web 閲覧用として使っている PC を静音目的にマザー・ボードと CPU を変更した。

 元は PentiumD 930 クロック 3GHzx2 L2 キャッシュ 2MBx2 TDP95W の PC から Core2 duo E4400 クロック 2GHzx2 L2 キャッシュ 2MBx1 TDP65W への変更となる。一つ気になる点はこれまで PentiumD 930 を使っていて意外と快適だったこと、これが Core2 duo とは言っても 2GHz 2MB のエントリー・モデルだから下手するとパフォーマンス落ちが考えられることだ。(D930 の方が合計キャッシュは倍の容量だし…)

Biosupdate   GA-945GME-DS2(rev.2.0) の場合 BIOS のリビジョンを F2 以上としないと E4400 が使えない為、更新作業に入る。E4400 が使えないから使える様に BIOS を更新する訳なので、現時点の BIOS で認識出来る CPU が必要だ。ここでは手持ちの Pentium4 561 2.8GHz を使った。

Writebios マザー・ボードのテスト用ベンチにセットしてと…何だ最初からリビジョン F2 のマザーだった!いきなり E4400 を装着して問題なかった訳だ!まあ、折角なので最新 BIOS F3 に UPDATE しておこう。

 これまで Web 用 PC で使っていたマザーは GA-8i945GMF、新しいマザーは GA-945GME-DS2 ということでチップセットが同じだ。恐らく Windows は再インストールせずともこれまでの HDD を繋げば起動出来る筈

 あたり~~。これまでの HDD を繋いで何の問題もなく Windows XP Pro. が起動した。マザー付属のドライバ CD でドライバは上書きでインストールする必要はあったものの、使い慣れた環境がそのまま利用出来るのは面倒がなくて良いな。

 静音化の結果としては上々だ!見事に静かになった。やはり TDP 95W 65W への変更はファンの騒音が全然違って静かだ。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

 

|

« 安値更新!デル 30インチ液晶モニター 3007WFP HAS が \118,000 | トップページ | Labelflash(レーベルフラッシュ)対応ドライブ DVSM-XL1218 のファームウェア更新で DVD リッピング時間が短縮 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安値更新!デル 30インチ液晶モニター 3007WFP HAS が \118,000 | トップページ | Labelflash(レーベルフラッシュ)対応ドライブ DVSM-XL1218 のファームウェア更新で DVD リッピング時間が短縮 »