« mp4out が落とせない件 | トップページ | YouTube の様にニコニコ動画をブログに貼り付けたい »

2008年3月 9日 (日)

SP1適用済 Windows Vista DSP版3月15日発売

 2008年3月15日より、Service Pack 1(SP1)が適用された Windows Vista の DSP(デリバリー・サービス・パートナー)版が発売される。先頃(2月28日) Microsoft が Windows Vista の Home Premium と Ultimate エディションを値下げする発表を行ったが、残念ながら DSP 版は値下げの対象にはなっていない。もっとも DSP 版は通常パッケージ版に比べて随分と安い価格設定だったので仕方ないのか?

SP1適用済 DSP版の価格(FDD とセット)
Ultimate DSP版 \25,000 程度
Business DSP版 \20,000 程度
Home Premium DSP版 \16,000 程度
Home Basic DSP版 \13,000 程度

Dsp

 それから、マイクロソフト、Vista Ultimate SP1 DSP版の特別限定版「Σ」なんてのも3月15日に発売される。特別限定版「Σ」ってなんだ?

 特別限定版「Σ」は、「Windows Vista SP1 速効! マスターガイド」と「Windows Liveおすすめパック×Money plus edition 体験版スペシャルCD」、特製シールなどをバンドルしたスペシャルパッケージということだ…先着購入者限定で、Windows Live OneCareの1年間無料お試しカードが付属するが、Live OneCare は個人的にはお勧め出来ないソフトだ。

 Vista を買うなら価格面で言えば DSP 版を購入するべきだと考える。DSP 版は PC パーツと一緒に購入する OS で同時に購入するパーツは \1,500 程度の FDD で構わない。但し別のPCへ転用するには同時に購入したパーツとセットでなければならない。

 発売から1年以上経過するもイマイチぱっとしなかった Vista だったが、SP1 では ReadyBoost、ReadyDrive の改良等をはじめとする多くの機能改善点を評価する声も多い。SP1 適用済 DSP 版の発売が、いよいよ Vista 普及への足掛かりとなるのではないだろうか?

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« mp4out が落とせない件 | トップページ | YouTube の様にニコニコ動画をブログに貼り付けたい »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/11099336

この記事へのトラックバック一覧です: SP1適用済 Windows Vista DSP版3月15日発売:

« mp4out が落とせない件 | トップページ | YouTube の様にニコニコ動画をブログに貼り付けたい »