« 今更 Playstation2 用キーボードを買って PC で使う | トップページ | WMP のバージョンと FairUse4WM1.3fix2 の関係 »

2009年3月29日 (日)

壁掛け CD プレイヤーを設置する

 壁掛けの CD プレイヤーを自室に設置したくて、安価なプレイヤーを物色していた。無印良品ブランドの壁掛式CDプレーヤー 型番:CPDー2 が欲しいのだが \10,500 とチト値段が高くて手が出ない。中古品と言えども某オークションでは比較的高価で取引されている。

 このプレイヤーは CD 保護する為のカバー等が一切なく、CD は剥き出しで回転する。でも、この点が気に入っている。

4547315778829_l

壁掛式CDプレーヤー 型番:CPDー2

電源コードを下に引くとCDの再生・停止の操作ができる再生専用のCDプレイヤーです。壁掛け式ですので、壁掛用のプレートを壁に取り付ける必要があります。CD-Rディスクの再生が可能です。※リピート機能はありません。

税込 10,500円

 で、近所のハードオフに出掛けると願ったり叶ったりで、ジャンクコーナーに CPD-2 が \2,500 で売られていたのですかさずゲット!

 ジャンク品ということ以外に 「音出ました」 とかの記載は一切なかったのでギャンブルだったのだが、ちゃんと CD の再生が出来たのでホッとする。

P3290006w300

台所で使用していたらしく、油汚れで少しベタベタしていたが、分解掃除してかなり綺麗になった。

AC アダプターは付属するものの壁へ取り付ける為のステーが付属していなかったのは痛い。

P3290007w300_2

35mm のスピーカが内蔵されている。電源スイッチは紐を引くことで on/off するが、スピーカは天井埋め込みで電源スイッチも壁に設置するので、内蔵のスピーカとスイッチは撤去してしまう。

このプレイヤーのアンプで直接天井スピーカが駆動出来るかは現時点で不明…鳴っても力不足か?

P3290009w300_3

壁のこの辺りに設置する予定で、電源の AC アダプターや、スピーカ・コードは壁の中に隠蔽してしまう。

P3290015w300

いつもの様に天井に穴を開けてスピーカを埋め込む工事を行う。

P3290018w300_2

これまた、いつもの様に CD 管を使ってスピーカコードを天井裏へ通線する。

Tspw300

天井へスピーカを設置するのはこれで3度目。

今回も特に問題なく巧く出来た。

P3290019w300_2 内蔵スピーカの替わりに RCA ピンジャックを使って天井スピーカへのコネクタとした。AC アダプタのケーブルは短く詰めた。
P3290022w300_5

AC アダプターからの電源を供給と切断を繰り返していると CD プレイヤーがハングアップする。こうなると電源スイッチを切/入操作を行わないと二度と演奏しなくなる。電源スイッチがリセット機能も担うらしい。

仕方ないので、急遽タクト・スイッチを本体上部の目立たない箇所へ装備して、リセットの機能を持たせた。

P3290024w300_4

取り敢えず、天井スピーカから音が出ることを確認した。音量も BGM 用途ならプレイヤーのアンプで十分と判断した。アンプを別途必要としないのは助かる。

配線の隠蔽と CD の取り付けステー製作が残った。

 疲れた。配線と壁への固定は明日へ持ち越そう…


 無印良品の人気商品の為か、検索で訪れる方が多いので念の為追記しますが、壁掛式CDプレーヤー 型番:CPDー2は壁や天井に穴を開けたりせずにネジ留めで簡単に設置出来ますし、スピーカも本体に内蔵されているので、この様な面倒な工作が必要な訳ではありませんが、もし、外部スピーカを使って壁に配線を出すことなく綺麗に設置したいなら参考にして頂ければと思います。 (2009年5月7日追記

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 今更 Playstation2 用キーボードを買って PC で使う | トップページ | WMP のバージョンと FairUse4WM1.3fix2 の関係 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/28867876

この記事へのトラックバック一覧です: 壁掛け CD プレイヤーを設置する:

« 今更 Playstation2 用キーボードを買って PC で使う | トップページ | WMP のバージョンと FairUse4WM1.3fix2 の関係 »