« 子供の PC のキーボードが壊れた | トップページ | ロボットスーツ HAL を開発したサイバーダイン(株)社名の由来は映画ターミネーターだった »

2009年3月22日 (日)

余ってるメモリーが捨てられない…

 PC パーツの整理をしていたら、DDR2 PC6400(800MHz) 1GB のメモリが8枚も出てきた。家中の M-ATX マザーを使った PC で 32bit OS の限界 4GB を搭載すべく 2GB x 2 へ換装した為に余ったメモリだ。

L_og_akiba_003w300 今やメモリの値段はタダの様に安くなったとは言え、勿体無いな。何か有効活用出来ないものだろうか?

 i-RAM だとかデスクトップ PC 用のメモリを使って RAM DISK 等を構築するボードも売られているが、HDD が SSD に取って代わろうとしている時代に \50,000 も投資して余ってるメモリを無理に使うこともないだろう…金に糸目を付けないマニアなら超高速 SSD 替わりに構築するのも良いかもしれんけど、データが揮発しない様にメモリへ電力を供給し続けるのが面倒そうだ。

Mem800

PC6400-1GB はまだまだ、全然現役のメモリ (2009年3月現在) だが、不要だからと何処かへ売りに行っても二束三文だと思われる。

ハードオフとかだと \100 の値もつかないんじゃないかな?

Memb_2

同様に過去にも、売っても二束三文だと考えてなんとなく在庫してしまったメモリの数々…

RDRAM は一部需要のある処ではありがたがられる様でも、その他のメモリは流石に今となってはゴミ!…でも貧乏性の為なんとなく捨てられないでいる(笑)

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 子供の PC のキーボードが壊れた | トップページ | ロボットスーツ HAL を開発したサイバーダイン(株)社名の由来は映画ターミネーターだった »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

メモリーが有り余ってるとはうらやましいッ

投稿: | 2009年3月22日 (日) 23時38分

利用価値のあるメモリーだったら良かったんですけどね。

投稿: ひで | 2009年3月22日 (日) 23時50分

いっそヤフオクで売ったら?

投稿: | 2009年3月23日 (月) 17時51分

ヤフオクも大した金額では売れないので、このまま
墓に持って入ろうかとww

投稿: ひで | 2009年3月23日 (月) 18時13分

Gavotte Ramdiskを使ったら良いんじゃないですかね?

投稿: 走り過ぎたSE | 2009年3月27日 (金) 13時00分

走り過ぎたSE さん、こんにちは (^^)
なんだか疲れちゃった…というハンドルネームですね ww
走りすぎて体(心も)を壊さないで下さいね。

Gavotte Ramdisk は使ってみましたが、揮発してしまう
メモリだと自分は使い道がなかったので…

32bit OS に Gavotte Ramdisk を使って 4GB を超えるメモリを有効利用する
http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/32bit_os_gavott_3448.html

投稿: ひで | 2009年3月27日 (金) 17時43分

スワップドライブとして使用するのが良いかと(Windowsだとページングファイル置き場ですね)
まぁ、3GB以上も消費するような事態にはなかなかなりませんが、Windowsはレジストリいじってもページファイル使おうとする挙動をみせますから…

年度末は倒れるまで(仕事を)走り続けるのですよ
そしてリフレッシュ休暇を・・・(とれるといいなw

投稿: 走り過ぎたSE | 2009年3月31日 (火) 09時46分

やっぱりページファイルしかないですかね?
どこまで有効か判らんとの声もあって実践してないけど
余ってる RAM ならやってみる価値はありますね。

リフレッシュ休暇…イイですね。
最近は時間があっても金がない(泣)

投稿: ひで | 2009年3月31日 (火) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/28747635

この記事へのトラックバック一覧です: 余ってるメモリーが捨てられない…:

« 子供の PC のキーボードが壊れた | トップページ | ロボットスーツ HAL を開発したサイバーダイン(株)社名の由来は映画ターミネーターだった »