« 10月29日 ニコニコ動画(9) となって、ビットレート・解像度制限がなくなった! | トップページ | NAS 機能つきの外付け USB 接続 HDD って… »

2009年10月30日 (金)

Apple iMac G4 の電源ピンアサインが判らない

 iMac G4 の筐体に Windows な PC を組み込む改造を行っているが、iMac G4 に搭載されている電源を再利用したくて調査しているが、扱いがよく判らない。

Pwr

落札した iMac G4 の起動確認をバラした状態で行ったモノだが、赤丸部分が純正の電源ユニット

本来のロジックボードで OS を起動する分には勿論電源は作動している。

P1 この電源をロジックボードを使わずに単独で利用したい。
Cnt_2 電源コネクタは左の様な 14pin のコネクタが付いている。

Pwpin

 AC 電源を供給すると、pin3 に 12V が、pin10 に 5.5?V が印加する。他の赤や黄のリーMousew300 ドには電圧が出ない。これは一般的な ATX と同じで PS_ON で電圧が出力を開始するものと考えられるが、この iMac G4 電源には PS_ON に相当する端子がどれなのかよく判らない緑色とか、紫色なら迷うこともないんだけどね。

 pin10 の 5.5V は所謂 ATX 電源で言う処の +5VSB なのか、或いは pin3 の 12V が Apple の場合スタンバイ電源なのか?恐らくはどちらかが SB で片方が PS_ON なのだろうが、電源の基盤には pin3 が LP.M、pin10 が PF と書かれていた。これの意味は?

P7120003w300

 なので、これまで 2台の Windows PC 化計画で作ってきた G4 は 5V-12V 電源を別途用意したのだが…

 どの端子をどうすると、5V-12V の電圧がスタートするのだろうか?pin3 or 10 のどちらかを GND に落とせばスタートしそうな気もするけど、電源ぶっ壊したくないしな。web を探してもピンアサインを載せているサイトも見当たらなかった。


 記事にコメントを頂いて、よく調べてみると電源の黄色端子には AC を供給した時点で 12V が出力されてた!黄色 12Vは出力されてないと思い込んでいた。 5V の赤いリードはロジックボードから貰って出力する。5V が電源から貰えない点は SCOTTLE さんから教えて頂いていた。

0_2 1_2
2  なので、PS_ON に相当する信号の制御を行わずとも 12V 電源としてはそのまま、利用出来るってことだね? 5V 電源を3端子レギュレータで減圧して作るには熱損失が多き過ぎるから、やっぱり別置で 5-12V を用意した方がイイかな…

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 10月29日 ニコニコ動画(9) となって、ビットレート・解像度制限がなくなった! | トップページ | NAS 機能つきの外付け USB 接続 HDD って… »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。岐阜県のおっちゃんです。
私のiMac G4 (20inc 1.25G)は、一度はDVI化に成功しましたが、
やはりTMDS線が細すぎて断線が頻発し、どう結線すれば断線しない
のか思案中です。

さて、ひでさんはiMacの電源でお悩みの様子で・・・
参考までにですが、まずiMac(大福Mac)では基本的にロジックボード
へ12Vを供給し、ロジックボード内にて3.3V、5V、12Vを発生させ
CPUや、LCD、HDD・DVDに供給しています。
私は15incのiMacを持っておらず、ひでさんの電源の写真を拡大しても
はっきりとはわかりませんが、iMacのDC/DCからは黄色(+12V 4本)
黒(GND 4本)、青(PF)、白 の10本のみしか出ていないのでは?
黄色(+12V 4本)は、電源ONするとPFにかかわらず供給されているはずです。
15incのiMacはLCDへの供給はロジックボードからだと思います。

ちなみに、iMac G4 (20inc 1.25G)では、黄色(+12V 8本)
黒(GND 8本)、青(PF)、白、緑(24.5V)、黒(24V用GND)です。
LCDインバータを24Vで駆動するために24.5VをDC/DC電源にて
直接生成していますが、PFがONしないと24.5Vを供給してくれません。
ちなみに、iMac G4 (20inc 1.25G)のPFは、青線と白線で実測値
5.8Vでした。
(以前、インバータは12Vだと海外サイトで見つけましたが、ガセでした
 実機で図ったらなんと24.5V)

そこで私がiMacの電源を再利用した方法を紹介いたします。
<用意したもの>
・picoPSU-120    (in 12V DC   OUT ATX電源20ピン MAX120W)
   某オークションで安く新品が手に入ります
・ATX電源検証ボード
   http://www.ainex.jp/products/km-02b.htm
・リード線
<方法>
① リード線をATX電源検証ボードのOUT 3.3V と GNDに結線(3.3Vがいらない場合はやらなくてもよい)
② リード線をATX電源検証ボードのOUT 5V と GNDに結線(PF用)
③ リード線5VをiMacDC/DCからの白線(GND)に結線し
   リード線GNDをiMacDC/DCからの青線(PF)に結線する
  ポイントはこれで、-5VをPFとして使用する(このころのMacはPFを-5Vで行っており、ロジックボードで生成している)
④ iMacのDC/DCのPUT12V GNDを picoPSU-120のDC IN に結線
⑤ picoPSU-120 を ATX電源検証ボード に装着
これで、電源をONするとPF ONとなり、24.5VがiMacのDC/DCから供給される。

ですので、iMacの15inc+MP915-Bの組み合わせでは、picoPSU-120をMP915-Bに直接挿せば
よいかと思います。
PF ON/OFF を使用する場合は、③の方法(電源のとり場所は別として)でいけるはずです。
ATX電源24ピンが必要な場合、20->24に変換するか、picoPSU-150-XT (MAX150W)を使用
すればよいかと思います。
LCD・その他の電源は、4ピン(5V,12V,GND)を分岐させればよいかと。

長くなりましたが、参考になりましたでしょうか?

投稿: 岐阜県のおっちゃん | 2009年10月31日 (土) 03時10分

岐阜県のおっちゃん さん、ご無沙汰しております。
20インチの DVI 化成功されていたのですね。

断線に関しては、自分の場合一度 DVI コネクタにリード線を
取り付けて、リード線同士半田付けし、熱収縮チューブで良好
となりましたので、リード線同士の結線をお勧めします。
http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/imac-g4-dvi-3-7.html

電源の再利用ですが、3台目を Windows PC 化したくて
電源ユニットを純正のモノを使いたかったので、5 と 12V
が出力出来ればOKなのです。

また MP915-B は AC アダプタ駆動なので単一電源なんです。


>黒(GND 4本)、青(PF)、白 の10本のみしか出ていないのでは?
そうです~!

後ほど iMac G4 の電源部の写真をうpします。

宜しければ、また後ほどアドバイス頂けますでしょうか?

投稿: ひで | 2009年10月31日 (土) 10時36分

電源部の写真拝見いたしました。
やはりiMac15"のDC/DCからは黄色(+12V 4本)黒(GND 4本)、青(PF)、白 の10本
のみでしたか。

5 と 12Vが出力出来ればOKということであるならば、お勧めはやっぱり
picoPSU-120+ATX電源検証ボード
ですね。
私も、5Vのひねり出しと特に3.3Vが必要であったため、いろいろ考えた結果
サイズと単純さで、picoPSU-120を選択しました。
(多少余計な出費になりますが)
これですと、picoPSU-120からドライブ用の4ピンコネクタ(5V,12V、GND)が使えて
何かと便利だと思います。
ただ、ATX電源検証ボードにはオルタネートのSWがついているので、リレーを使っての
電源同期起動には一工夫いると思います。
(ATX電源検証ボードはSWをONのまま設置し、MP915-Bのドライブ系DC検知で、iMacのAC通電 とか)

あと、MP915-BのACアダプタのDC出力が12Vであれば、iMacのDCから直接電力を
拝借できると思います。
iMac15"はたしか130Wのはすですので、容量的にも足りていると思います。

最後に、私の場合はコンセントに挿したままだとAC/DCが働いてしまっているのが
いやなのでAC整流とAC/DCの間にシーソーSWをかましています。

投稿: 岐阜県のおっちゃん | 2009年10月31日 (土) 15時38分

picoPSU-120 ですか、確かに手頃な品物ですね。

MP915-B は 19V 電源なので、AC アダプターを分解せずに
そのまま iMac G4 筐体内に内蔵して使ってます。
万一 MP915-B に戻したくなったときに(その予定もないけど)
アダプターを無傷にしたかったんです。

>AC整流とAC/DCの間にシーソーSWをかましています。
アップルマークを触るとスタンバイ/レジュームとして使って
いるので、我が家の2台は常時通電状態です(笑)

ところで、 岐阜県のおっちゃん さんの 20インチ iMac マシン
は HP とかブログとかで披露されてないのですか?
きっと、同じ様なことを考えている人の参考になると思うの
ですが…


投稿: ひで | 2009年10月31日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/32003203

この記事へのトラックバック一覧です: Apple iMac G4 の電源ピンアサインが判らない:

« 10月29日 ニコニコ動画(9) となって、ビットレート・解像度制限がなくなった! | トップページ | NAS 機能つきの外付け USB 接続 HDD って… »