« 家のプチ改造(リビングにニッチを造作-5) | トップページ | Dance×Mixer がバージョンアップ無料に…自然消滅の前兆か »

2010年5月 9日 (日)

さし絵スタジオ2 製品前テスト

 (株)終作の「さし絵スタジオ2」が間もなく発売されるが、製品前テストに参加させて貰っている。通常、製品前テストのレポート公開は許可していないらしいが、「アレンジOK!素材集2」が先行発売されているので許可して頂いた。

 また、「さし絵スタジオ2」 は 「アレンジOK!素材集2」 よりも若干改良されているらしい。

 さし絵スタジオ 1.2 からどの様な点が さし絵ステジオ2 で変わったのかというと…

・立体図形の向きの変更、図形枠内での拡大縮小、図形枠の回転、のドラッグ表示が平均5倍以上に高速になりました。
・立体図形の図形枠の拡大縮小のドラッグ表示が10倍以上に高速になりました。
・表示の拡大と縮小のメニューを追加しました。[表示/画面表示倍率/拡大]メニューと[縮小]メニューです。
・表示の拡大時に中心位置が保たれるようになりました。
・画面にスクロールバーが表示されるときも、出力枠の少し外側まで表示されるようにしました。
・動作環境が不安定な、DirectXによる表示を省きました。

 …ということで、主に表示の高速化と素材の充実が大きな変更点と言える。

 編集関連では…

人物の道具(持ち物)を入れ替えできるようになりました。ライブラリパネルの[表情]ボタンを押すと表示される[道具(持ち物)]フォルダ内に道具素材が収録されています。
・人物や表情をドラッグして入れ替えるとき、図形の選択状態にかかわらず、マウスボタンを離した位置の人物のみ入れ替わるようになりました。
・[ファイル/画像を保存]メニューを選択したときに、背景色や背景透過の設定ができるようになりました。
・図形の左右反転ができるようになりました。[図形/左右反転]メニューで反転できます。

 素材関連では…

・ライブラリパネルから、ネットを通じて最新の追加ファイルを取得できます。時事の話題や季節に合った素材を無料で提供中。

 web から追加データを取得出来る様になった!

 さし絵スタジオ2の商品構成は次の4つになる予定らしい。

  1. さし絵スタジオ2トータルパック(素材数 6700)
  2. さし絵スタジオ2トータルパック優待版(素材数 6700)
  3. さし絵スタジオ2ビジネス・産業編(素材数 4200)
  4. さし絵スタジオ2四季と生活編(素材数 4200)
 今回製品前テストで当方に届いたインストール DVD は「さし絵スタジオ2四季と生活編」だった。
○動作環境
さし絵スタジオ2
OS:WindowsXP、Vista(32,64bit)、7(32,64bit)
メモリ:512MB 以上
ハードディスク空き:トータルパック 2.2GB 以上、ビジネス・産業編/四季と生活編 1.7GB 以上
グラフィック:1,024 x 768 ピクセル以上、3万色以上
インストール時に DVD-ROM ドライブが必要
 早速届いたインストール DVD でインストールして試用してみたい。

Aw300

 (株)終作のリクエストではインストールを2回以上試して欲しいと言われている。

 Windows XP では2度インストールして問題ない。自分の PC の環境では 4分程度で完了した。

Startw300 起動画面は、さしスタ1.2 と大きな変わりがない。
Verw300

 起動時には「最新情報」ダイアログが表示される。現時点のバージョンは 2.1.1 「最新版を利用中です。」と表示される。

 ライセンス管理も web を通じて行われる様になるのではないかと思う。

Pushw300  最初に気づいた点は、立体図形のプロパティパネルで「向き変更」を行う際に、雰囲気パネルの選択に依らず(一部例外あり)、マウスドラッグ中には「リアル:小物の高級感」となる点だった。これまで大きなモデルの向き変更は、それなりに重い印象があったが、さしスタ2では本当に動作が軽くなっている。
Releasew300

 「向き変更」でマウスを開放すると、雰囲気パネルの選択に応じて「アニメ調:見やすく標準的」等の表示に戻る。

 因みにこのキャラはさしスタ標準の人物では用意されていない「ロクスタ 2008」のツインテール娘。

Ishiw300

 さしスタ2では雰囲気パネルの選択肢が増えて、人物が見やすい[アニメ調べたぬり]、輪郭の太さが中くらいの「中アニメ調]、マンガ表現に楽しい[金色][石像]の4個のボタンを追加された。

 左は”固まった”雰囲気を出す「石像」

Changew300

 沢山の「素材」の追加が成されていて、例えば「着替え」といったポーズも用意されているので、これまで用意されていなかった素材から一所懸命ポーズを作る作業も減るのではないかと思われ…

 左のキャラクターは六角大王のキオさん のデータをデデファイしたもの。

Tew300 Taxiw300
Skatew300 Sikeiw300
Kitchenw300 Ledw300

 今風のキッチンや LED 電球等の素材、死刑 shock といった素材の追加も…

 人物の道具(持ち物)を入れ替えできる様になったのは便利で、例えば下の様なイラストを直ぐに作ることが出来る。

Bw300 Cw300

 さしスタ2では多くの素材が追加されており、表示の高速化もあってより使い易くなったと言える。さしスタ 1.2 を使っている人は優待版でアプグレードして損はないだろう。

Manuw300

 さし絵スタジオ2の応用マニュアル活用事例では、”ひでのブログ”を紹介して頂きました。

 ありがとうございます。光栄に存じます m(_ _)m

 そういう訳で、さしスタ2の概略説明をさせて頂きましたが、他の PC にもインストールし、問題が起きないか等を調べるべく私のテストは続きます。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 家のプチ改造(リビングにニッチを造作-5) | トップページ | Dance×Mixer がバージョンアップ無料に…自然消滅の前兆か »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ひでさん 久しぶりです さしスタ2が出るんですね。

>表示の高速化
たまにもっさりした時があるから高速化はありがたいです。

>動作環境が不安定な、DirectXによる表示を省きました
DirectXがなくなってOpenGLのみになったんですか?
以前ひでさんから「OpenGLの方がいい」と聞いてOpenGLに切り替えたと思っていたんですが、
ずっとDirectXで使っていたようです。
自分の場合は何も問題なく使えてますが・・・

>人物の道具(持ち物)を入れ替えできる様になった
これが自分にとっては目玉機能かな !(^^)!
持ち替えができると使える記事も増えるし
ポーズなどの素材が増えていると苦労して骨組みをいじらなくて済みますね (*^_^*)

しかし 石像と死刑の使い道が難しいなあ・・・

表示の高速化ってGPUの能力が左右するのかと思ったけど、
ソフト自体の性能なんですね。
ということは さしスタってオンボードとグラボ搭載の差はないんですかね。

そういえば 自分もマイホームデザイナーの社長さんのブログに記事を載せてもらいました !(^^)!
ちょっと嬉しかったです いや 結構嬉しかったなあ (^.^)

投稿: デコラ | 2010年5月11日 (火) 19時46分

デコラ さん、お久しぶりです。happy01

>人物の道具(持ち物)を入れ替えできる
については明日会社の帰りが早ければ(笑)もう少し記事に
書きたいと思います。

>表示の高速化ってGPUの能力が左右するのかと思ったけど、
そうですね。高性能なグラボの方が確かに早いですけどソフト
のオーバーヘッドも馬鹿になりませんね。

>マイホームデザイナーの社長さんのブログに記事を載せてもらいました !(^^)!

3Dマイホームデザイナーで現場を再現しているブログ拝見し
ました。やったね!
メーカーの HP に紹介されると記事にした甲斐がありますよ
ね。


投稿: ひで | 2010年5月11日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/34610725

この記事へのトラックバック一覧です: さし絵スタジオ2 製品前テスト:

« 家のプチ改造(リビングにニッチを造作-5) | トップページ | Dance×Mixer がバージョンアップ無料に…自然消滅の前兆か »