« Friio で録画した TS ファイルに激しく drop が起こる | トップページ | 部屋の壁面にタッチパネルを取り付け(その3) »

2011年2月27日 (日)

iMac G4 20インチ液晶を DVI ディスプレイ化(2)

 iMac G4 の 20インチモデルを DOS/V PC に改造すべく iMac をオークションで落札してきたけど、内蔵するマザーボードを調達出来ずに工作が全く進んでなかったが、先日マザーボードをゲットしたので少しずつ改造を進めていきたいと思う。

 iMac 本体をゲットしてから、もう1年が経過していた。

Img10343185043

今回ゲットしたマザーボードは Shuttle の X27D という ATOM 330(デュアルコア) を搭載したベアボーン PC で、これまでにも Friio の録画クライアントとして活躍して貰っているものと同型の中古 PC をオークションで落札した。

 ベアボーンキットなので、ケースや電源が付属するものの iMac へ内蔵する際には使わない為、別の miniITX マザーを入れて何かに使おうと思う。先日ゲットした Core i7 第2世代型マザー結局壊れてたけど) を入れて使うにはケースの容積や電源容量が足りないので使えない。

Shuttle_01_01w400 iMac の液晶をそのまま使うためには DVI 出力出来るマザーが必須。

 本当は Atom330+ION とか、D525 を搭載したマザーが欲しかったけど、1万円以下ではなかなか手に入らないので諦めた。

Dcdccnv

iMac の電源をそのまま使ってマザーへは供給出来ないので、電源も既に購入してある。今回のベアボーンにも同様の電源変換基盤が搭載されているので、新たに買う必要もなかったけど、ベアボーンのケースを再利用するには別に買っておいて損はないと思う。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« Friio で録画した TS ファイルに激しく drop が起こる | トップページ | 部屋の壁面にタッチパネルを取り付け(その3) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/39023211

この記事へのトラックバック一覧です: iMac G4 20インチ液晶を DVI ディスプレイ化(2):

« Friio で録画した TS ファイルに激しく drop が起こる | トップページ | 部屋の壁面にタッチパネルを取り付け(その3) »