« HITACHI WOOO 37インチ液晶が \29,999 | トップページ | ハードオフで購入した JUNK な PC を返品 »

2012年1月28日 (土)

小型の LED 液晶 TV を修理

Big_ph04w400

小型液晶 TV が壊れたので修理することにした。

故障内容は…

  1. TVの視聴を続けていると忽然と音声が出なくなる
  2. TVの視聴を続けていると画面に横縞が出る

同様の不具合に泣いている人が居ないか Web を探したけど自分だけだった orz

 音声が出なくなると、一旦 AC アダプターを抜いて挿しなおす(コールドスタート)と復帰するという問題で、スピーカから音が出なくなってもヘッドフォンを挿すとフェッドフォンからは音が出ることが判明しているので、ヘッドフォンの音声出力を別のオーディオアンプを使って内蔵スピーカから音を出すための工作を行った。

P1280003w400

先日購入した小型アンプが届いた。

単4乾電池と比べても判る様にかなり小さなアンプだ。

P1280007w400 TV に内蔵されているスピーカはこんな感じ。
Amp

アンプの基板に付属したスピーカコネクタと、5V 電源、オーディオライン入力のリード線を半田付けする。

幸い TV 内蔵のスピーカはアンプに付属したコネクタにそのまま挿さるプラグが装着されている。

P1280013w400 5V の電源を確保したいのだが、3端子レギュレータ等が実装されている訳でもないので、TV 基盤の何処から 5V が採れるか判らなかったので、B-CAS カードリーダの端子から 5V を採ろうと考えた。
Card カードリーダの電極を調べると左の仕様であることが判った。
P1280011w400_2

カードリーダの裏面赤丸が+5V、青丸が GND

ところが、B-CAS カードの端子から採った 5V にアンプを接続するとカードが読めなくなる。

Err

オーディオアンプを駆動するだけの電流は用意されていないらしい。

P1280017w400 TV のバックパネルには隠し USB 端子(の様なもの)があって、ここから 5V を取り出せることが判明したので、アンプに接続して問題なくスピーカから音が出ることを確認。
P1280019w400 ヘッドフォンの出力からは音声が出るので、3.5φSTEREO ミニプラグを繋いで R),GND,L) の端子を探ると左の写真の通り音声が出力されていることが判った。
P1280020w400_2 アンプの基板が非常に小さいので、左右のスピーカの間のスペースにアンプを収納した。
P1280026w400 ただ、このままだと、ヘッドフォン端子にプラグを挿した状態でないとスピーカから音が出ないので、ヘッドフォンジャックの電極をニッパーで破壊してジャックを常時挿している状態を作った。
P1280022w400_2 なんとなく、オーディオアンプ工作を完成

 次に、画面に横縞が表示される問題はパネルが微妙に歪むと発生することが判っているが、普通にケースに収めるとパネルに歪みが生じてしまう。

P1280029w400

この問題は意外にも簡単に対処出来た。

下方向のパネル固定ネジを締める際に締め付けが強くならない様にワッシャーを噛ましてからビス留めすることで解決する。

P1280030w400 パネルを装着して完成!

 音声もちゃんと出るし、画面の横縞も表示されなくなった。

 小型のオーディオアンプを入手出来なければ治すことも出来なかったが、好いアンプを見つけられたと思う。いちおう数時間視聴を続けて問題がないかを確認する。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« HITACHI WOOO 37インチ液晶が \29,999 | トップページ | ハードオフで購入した JUNK な PC を返品 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/43905254

この記事へのトラックバック一覧です: 小型の LED 液晶 TV を修理:

« HITACHI WOOO 37インチ液晶が \29,999 | トップページ | ハードオフで購入した JUNK な PC を返品 »