« Dual Core だと思って落札したノート PC が Core solo だった orz | トップページ | Windows の再インストールが面倒くさい »

2012年5月 9日 (水)

日本製の ”ルンバ” 型掃除ロボットが登場

 音声による操作が可能で、「奇麗にして」などと呼びかけると「分かった」と音声で返答して運転を開始したり、「調子はどう?」と聞くと「絶好調」などと答えたりする。

Mainvisuals

 …喋る機能はどーでもイイと思うけど、所謂 ”ルンバ” 型の掃除機はこれまで、日本製が存在しなかった。

 勿論ロボットと言えば日本のお家芸なので、作れない訳ではなかった。

 何故発売しなかったのか?

 日本人はリスクを恐れて冒険出来ないエンジニアばかりであったから…

 「技術はある」。パナソニックの担当者はこう強い口調で話しながらも、商品化しない理由について「100%の安全性を確保できない」と説明する。

 例えば、掃除ロボットが仏壇にぶつかり、ろうそくが倒れ、火事になる▽階段から落下し、下にいる人にあたる▽よちよち歩きの赤ちゃんの歩行を邪魔し転倒させる-などだという。

 たしかにリスクを考えると恐ろしくて商品化したくなくなるだろう…と納得してしまう自分もやはり日本人なのだと思う。

 米国、アイロボット社の 「ルンバ」 は、そもそも日本の狭い家屋を想定した設計ではない筈だが、シャープ製の 「COCOROBO」 は、畳の部屋がある日本を意識したという。

 更には、カメラが搭載されていて掃除の様子を見るといった使い方や、音声に関西弁が用意されていること等遊び機能も満載している。

 国産の ”ルンバ” 型掃除機の登場を凄く嬉しく思う。

 商品化したシャープにエールを贈りたい。…と同時に、「赤ん坊の手が挟まれて指を切断」 などといった事故が絶対に起こって欲しくないと思う。

 


 妻が気に入っている ”ルンバねこ”

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« Dual Core だと思って落札したノート PC が Core solo だった orz | トップページ | Windows の再インストールが面倒くさい »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/45196883

この記事へのトラックバック一覧です: 日本製の ”ルンバ” 型掃除ロボットが登場:

« Dual Core だと思って落札したノート PC が Core solo だった orz | トップページ | Windows の再インストールが面倒くさい »