« ノート PC の HDD マウンタが欲しい… | トップページ | 3台の JUNK ノートから2台の美品を構築 »

2012年6月 8日 (金)

キャビン・アテンダントに求めるもの

[スカイマーク・サービスコンセプト]

 スカイマークでは従来の航空会社と異なるスタイルで機内のサービスをしております。「より安全に、より安く」旅客輸送をするための新しい航空会社の形態です。つきましては皆さまに以下の点をご理解頂ますようお願い申し上げます。

  1. お客様の荷物はお客様の責任において収納をお願いいたします。客室乗務員は収納の援助をいたしません
  2. お客様に対しては従来の航空会社の客室乗務員のような丁寧な言葉使いを当社客室乗務員に義務付けておりません。客室乗務員の裁量に任せております。安全管理のために時には厳しい口調で注意をすることもあります。
  3. 客室乗務員のメイクやヘアスタイルやネイルアート等に関しては「自由」にしております。
  4. 客室乗務員の服装については会社支給のポロシャツまたはウインドブレーカーの着用だけを義務付けており、それ以外は「自由」にしております。
  5. 客室乗務員の私語等について苦情を頂くことがありますが、客室乗務員は保安要員として搭乗勤務に就いており接客は補助的なものと位置付けております。お客様に直接関わりのない苦情についてはお受けいたしかねます
  6. 幼児の泣き声等に関する苦情は一切受け付けません。航空機とは密封された空間でさまざまなお客様が乗っている乗り物であることをご理解の上で搭乗いただきますようお願いします。
  7. 地上係員の説明と異なる内容のことをお願いすることがありますが、そのような場合には客室乗務員の指示に従っていただきます。
  8. 機内での苦情は一切受け付けません。ご理解いただけないお客様には定時運航順守のため退出いただきます。ご不満のあるお客様は「スカイマークお客様相談センター」あるいは「消費生活センター」等に連絡されますようお願いいたします。

(nikkeiBP net の記事から…)要は

 「荷物はお客さん自身でちゃんと収納してね。うちの客室乗務員の中には、タメ口だったり、茶髪でギャルメークしているのもいるかもしれないけど、それ、会社もオッケーしてるのよ」

 「消費生活センター」等に連絡ってのがマズかったらしいが、新しいスタイルだね。

 今では両親が離婚した子供ってのはザラに居るけど、自分は幼少の頃から親戚の家に預けられたり、北海道の札幌で継母の下で暮らしたりと数奇な人生を歩んだが、そんなこともあって子供の頃から飛行機に独りで搭乗する機会が多かった。

 当時はスチュワーデス(死語)さんに随分とお世話になったし、子供に対しても紳士として扱ってくれた。

 東京に住んでいれば日本全国2時間も掛からずに飛行機で何処にでも行けてしまうので、空の旅に過剰なサービスは不要だと言えるし、飛行機だからと言って他の公共交通機関とは違うサービスを求めてもいけないだろう。

 ご尤もなサービスコンセプトなんだけど、ちょっと寂しいね…

W400

制服があった、”スッチー” と読んでいた時代が懐かしいな…

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« ノート PC の HDD マウンタが欲しい… | トップページ | 3台の JUNK ノートから2台の美品を構築 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/45581271

この記事へのトラックバック一覧です: キャビン・アテンダントに求めるもの:

« ノート PC の HDD マウンタが欲しい… | トップページ | 3台の JUNK ノートから2台の美品を構築 »