« テレビサイド PC VAIO VGX-TP1 を万能メディアプレイヤーとして使う | トップページ | また要らない PC を落札してしまった… »

2012年8月 5日 (日)

docomo のフォトパネル 04 が動画再生出来てイイ感じ (だが、追記あり)

T20120229154958_723_  ハードオフへ行くと docomo のフォトパネル 中古(下手すると新品)が \1,000 位で手に入る。

 その昔はデジタル・フォトフレームって値段が高かったけど、今はメチャメチャ安いと思う。

 6年も前だと5インチ程度のフォトフレームが平気で \20,000 以上の価格だった。(当時購入したものは1年位で壊れた)

 で、フォトパネル 04 を \1,050 で購入した。

 フォトパネルだが、FOMA 新規契約時 「お便りフォトプラン」 を追加するか、「お便りフォトサービス契約」 を結ばないとお便りフォトサービスが受けられない。

29_001 電波が受信出来る場所で UIM カードを挿す訳だが、意外に知られていないのか?UIM カードを入れなくても、「お便りフォトサービス契約」 を結ばなくても普通にフォトプレイヤーとして活用出来るのに、手放す人が後を絶たないらしく、ハードオフでは在庫過多な為か、下手なメーカーのフォトフレームよりも性能が高いにも関わらず、異常に値段が安い。

 買取業者へ売りに行っても買取価格も数百円だと思われるので、プランを解約しても手放さずにフォトフレームとして活用すれば…と思う。

 フォトパネルは歴代 01~03 までは動画再生に対応していなかったが、2012年3月に発売された フォトパネル 04 はやっと動画再生に対応した。

 また、STEREO スピーカが裏面に装備されているので音声も勿論再生出来る。

P8040015w400

9インチ TFT カラー液晶
解像度 WVGA 800 x 480 ドット

対応動画フォーマット:
MPEG4(.3gp .mp4 .3g2)
H.264(.3gp .mp4 .3g2)
H.263(.3gp .3g2)
up to 720p@30fps decoding

 具体的には 「フォトパネル 04」 は内部のチップに 1GHz駆動の 「MSM8255」 を採用し、2011年前半のハイスペックなスマートフォンと同等という点だ。動画の再生自体、2011年のスマートフォンでできているのだから、「フォトパネル 04」 もスムースに再生でき、“9.0インチ液晶の動画プレーヤー” として使えそうと考えていたのだ。

 人感センサーによる自動画面ON/OFF機能も新たに搭載され、これが \1,050 なら購入するしかないだろう!

 古いフォトフレームだと動画フォーマットが AVI とか、MPEG-2 とかしか対応せず、H.264 MP4 動画等は再生出来なかったが、フォトパネル 04 は再生可能。

P8040017w400

ニコニコ動画にうpした H.264 な MPEG-4 動画を SD カードにコピーしてフォトパネル 04 に入れてみた。

見覚えのあるサムネイルが表示される。

P8040018w400 仕様上は 720p 30FPS までとなっているけど、1280 x 720 60fps の動画も、まともに再生出来るものと出来ない(静止画になってしまう)ものがあった。ニコニコにはいつも 60fsp の動画を UP しているので、何がダメで何がOKなのかイマイチよく判らないけど、仕様が 30fps までとなっているので 60fps の動画が再生出来ればラッキーと思った方が良いだろう。
P8040022w400

フォトパネル 04 の大きな難点は、音量が大き過ぎる

無音を除くと音声が4段階しか調節が出来ないが、一番小さな音量を選んでも、家庭内で再生するには煩さすぎる。

特段大きな音でエンコードした動画でなく、ニコニコ動画に UP した H.264 動画をそのまま SD カードに入れて再生すると音が大き過ぎる!

 docomo のショップ店内じゃないのだから、一般家庭の室内でこの音量は絶対必要ないと思うので、改造して音を小さくしようかと思うのだが、分解するとプラスチックを割ったり、そうでなければキズを付ける可能性があるので、改造に二の足を踏んでいる。

P8040023w400

誰もがよく使う手段だと思うが、スピーカの穴をセロテープ等で塞いでも、それでも音量が大きい orz

 消極的方法ではあるが、フォトパネル 04 用に動画の音量を 1/10 程度に小さくしてエンコードし直して再生することにしようと思う。

 人感センサーによる自動画面ON/OFF機能は、機能オフ、5分、10分、30分の4通りを選択出来て、人が近くに居ないなら画面表示を消す機能で、節電が叫ばれる今の時代には必要だし、動画再生に於いても機能するので、誰も見ていない時は画面と音声が流れなくなり、人が近付くと途中から動画再生が始まる。

W300_2

 人感センサーによる自動画面ON/OFF機能は、自力でフォトプレイヤーを改造して作ろうと思って、頓挫した計画で、この機能が正にフォトパネル 04 には搭載されているということだ。

 そんな訳で、フォトパネル 04 はフォトフレームとしても、動画プレイヤーとしても(音が大きいことを除けば)お勧めの一品だ。

 我が家では玄関に置いて、ニコニコ動画にうpした自作動画を来客に無理やり見せ付ける為のプレイヤーとして使うことにする(大笑)

 自分が購入した品は恐らく新品だった。リサイクルショップ等で安く手に入るなら是非ともゲットして活用して欲しいと思う。

 買うときはフォトパネル 01~03 を買っちゃダメだよ!この記事が フォトパネル 04 の中古相場を吊上げなければイイけど(笑)

 


 自分はフォトパネル 04 を動画再生目的でしか使いませんが、03 に比べると静止画の画質が低下しているという書き込みを発見しました。(2012年8月6日、7日追記

 以下、別の記事に続きます。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« テレビサイド PC VAIO VGX-TP1 を万能メディアプレイヤーとして使う | トップページ | また要らない PC を落札してしまった… »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/46589433

この記事へのトラックバック一覧です: docomo のフォトパネル 04 が動画再生出来てイイ感じ (だが、追記あり):

« テレビサイド PC VAIO VGX-TP1 を万能メディアプレイヤーとして使う | トップページ | また要らない PC を落札してしまった… »