« CyberLink PowerDirector 11 ULTRA を使ってみる - 3 | トップページ | 当たったことがない…BUFFSHOP 特製ジャンク箱 »

2012年10月22日 (月)

ソフトイーサ、遠隔操作ウイルスによる冤罪防止ソフトを無償配布…らしい

 ソフトイーサは2012年10月22日、遠隔操作ウイルスによる冤罪を防ぐための専用ソフト 「パケット警察 for Windows」 をリリースした。特設Webサイトからフリーウエアとして無償でダウンロードおよび利用できる。

 自分の勤める会社では、各人に貸与された PC 全てに管理ソフトがインストールされていて、いつ何処のサイトを見たか、何のソフトを起動したか等といった全ての挙動が監視されている。

 過去に挙動履歴を改ざんしようとして、情報システム課に即効でバレた者が居たらしいが…

 プロセスの起動記録が残るだけでもウイルスの類に犯されたかどうかは判断がつくのだろうけど、早い話が、そういった記録を行うソフトなのだろう。

 しかし、イザ不正アクセスや威力業務妨害の嫌疑を掛けられた時に、このソフトのログが冤罪の証拠に出来るのかは疑問だし、「パケット警察」 が有名になってしまうと、このソフトのログや、ログに記録されたファイル名から該当する画像や動画が暴露ウイルスに依って流出する可能性も否定出来ない。

 更には、違法ダウンロード等の証拠にもなると思うので、冤罪の証明のつもりでインストールしたソフトが、いつの間にか犯罪検挙ソフトにも成り得ると思うので…以下略

(アイコンは警察官のイメージですが、ログを勝手に警察に送信する機能などはありません。)

 ログを勝手に警察に送信する機能はないだろうけど、リクエストがあれば送信出来るんじゃ?

 追記です:

 善意を以って提供して下さるのであろうソフトに対して、あれこれとケチを付ける訳ではありませんが、可能性として書いてます。

 悪意あるソフトにとって、ブラウザのクッキー等とは比較にならない程の挙動情報を記録したログが悪用されないとは限らないと思うからです。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« CyberLink PowerDirector 11 ULTRA を使ってみる - 3 | トップページ | 当たったことがない…BUFFSHOP 特製ジャンク箱 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/47551112

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトイーサ、遠隔操作ウイルスによる冤罪防止ソフトを無償配布…らしい:

« CyberLink PowerDirector 11 ULTRA を使ってみる - 3 | トップページ | 当たったことがない…BUFFSHOP 特製ジャンク箱 »