« リフロー修理した NEC PC-LL370SG で問題再発 | トップページ | DELL 30インチ液晶モニタ 3007WFPt 中古 \31,999 電脳売王 »

2013年2月22日 (金)

スピンアップしなくなった HDD のデータを救いたい

 会社の同僚から、故障して動かなくなった外付けの HDD からデータを救って欲しい…と要請を受けた。

Cimg3487w400

 USB 接続の外付けドライブ (buffalo HD-250US) だが、なるほど電源を入れても HDD がウンともスンとも言わない。

 で、内蔵している HDD を取り出す。

Cimg3492w400

 左が故障しているドライブ WD2500 (IDE)

 右がたまたま手持ちだった同型のドライブ…しかし、SATA インターフェース

Cimg3489w400

 ドライブ自体はどうみても同じ形だし、インターフェースが P-ATA(IDE)、SATA の違いはあるものの、データが読めれば好として制御基板を入れ替えてみました。

 電源を接続すると…

 スピンアップしました!

 が、”カコーン、カコーン” と HDD 故障時の典型的な音が数回したと思ったらスピン回転が止まりました。

 これでは、データを読む処ではありません。

 過去にも、スピンアップしない HDD の制御基板を交換することで、データを救ったことがある。この時は容量や型式が違うものの基板交換にて見事にデータ救出を行うことが出来た。

Cimg3493w400  故障したドライブと同時期の Western Digital 製 P-ATA の HDD がないか探すと、やはり buffalo の外付けドライブに内蔵されてました。
Cimg3495w400

 左:動作に問題の無い WD3200

 右:故障しているドライブ WD2500

 どちらもインターフェースは P-ATA だが、容量が若干違う。

Cimg3494w400  制御基板もデザインが異なるが、HDD 本体とのコネクタ部がコンパチなので、ダメ元で制御基板を入れ替えて電源を入れてみた。

 やはり、スピンアップするものの、”カコーン、カコーン” を繰り返し最後にスピン回転が停止してしまう。

 結論:誠に残念ながら、HDD 本体の故障で制御基板を交換してもデータの救出は出来ませんでした m(_ _)m

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« リフロー修理した NEC PC-LL370SG で問題再発 | トップページ | DELL 30インチ液晶モニタ 3007WFPt 中古 \31,999 電脳売王 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

HDD本体の故障となれば流石に手も足も出ませんね
最終手段としては、分解して同型HDDとプラッタのみを入れ替えるという方法も有りますが成功率はかなり低いです。
それにしても、故障したHDDを分解してプラッタをジャブジャブ水洗いして直せていた時代が懐かしいです(苦笑)

投稿: ぴろり | 2013年2月22日 (金) 23時20分

>ジャブジャブ水洗いして直せていた時代が懐かしいです
そんな時代があったんですか??

会社のクリーンルームならバラして換装出来ないこともないかも
しれないな~

投稿: ひで | 2013年2月22日 (金) 23時44分

そうですね~滅茶苦茶昔の話ですね
HDD1台の容量が100メガ以下とか(しかもHDDの大きさが5.25インチよりもっと大きかった)だった頃の話です。
今みたいに完璧な密閉がされていなかったのかジャブジャブと分解洗浄をしたらビックリするほどの確率で読み出せてましたよ

投稿: ぴろり | 2013年2月23日 (土) 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/49579566

この記事へのトラックバック一覧です: スピンアップしなくなった HDD のデータを救いたい:

» 【2万円切りの4TB】3.5インチ SATA HDD「ST4000DM000」 [ぱふぅ家のサイバー小物]
実売で2万円を切る低価格 [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 20時28分

« リフロー修理した NEC PC-LL370SG で問題再発 | トップページ | DELL 30インチ液晶モニタ 3007WFPt 中古 \31,999 電脳売王 »