« アイオーデータの JUNK な AVLP2/DVDG をゲット | トップページ | LM-M100S に無線 LAN を内蔵する »

2013年3月 3日 (日)

ONKYO のサブウーファ SKW-10 に BOSE のスピーカを換装

 某所 (ハードオフに非ず) でゲットした ONKYO のサブウーファ SKW-10 に BOSE のスピーカを入れてみたい。

1
品   番
SKW-10
希望小売価格
\15,750(税抜\15,000)
発 売 日
2002/06/25
シリーズ
--
カテゴリー
アンプ内蔵サブウーファー, スピーカーシステム

 10年以上も前のアクティブ・ウーファだけど、ちゃんと電源が入って音も出た。

P3020017w400

 埃は被っていたものの、クリーニングすると大変綺麗なスピーカだ。

 実際に音を出してみると、やっぱり BOSE スピーカの様な迫力が無い。

P3020003w400

 底板を外すとウーファが現れる。

 ユニットは10年も前と思えない程に綺麗ではあった。

P3020004w400  これが、SKW-10 に内蔵されていたウーファ。
P3020005w400

 このサイズに適合する BOSE のスピーカは2種類保有している。

 結局、BOSE ACOUSTIMASS 10 III HOME ENT. SYSTEM は、ケーブルを入手出来ない為、スピーカユニットだけを再利用することにした。

P3020007w400  ACOUSTIMASS に入っていたユニットが今回 ONKYO のエンクロージャで容易に使えそうなので、此方を選ぶ。
P3020010w400  若干、形状が違うために、エンクロージャの開口部をノミで削る。
P3020011w400  ネジ位置も若干変わったので穴を開け直す。
P3020012w400  底板の裏側には突起があって、変更した BOSE のスピーカユニットのコーン紙に接触しそう…
P3020013w400  エッジ部のウレタンが微妙に当たりそうだけど、気にしないことにする(笑)
P3020015w400  底板を取り付けて…
P3020014w400

 Media mate と一緒に音を鳴らしてみる。

 Excellent !!

 以前にも、DENON のスーパーウーファに BOSE のユニットを入れる で、BOSE のユニットに入れ替えて感動したが、今回も感動出来る低音が出る様になった。

 SKW-10 のオリジナルな低音は、それはそれで結構重たい低音が出ていたけど、”モワン” と後を引く様な低音でアタックの弱いものだった。

 BOSE のユニットに変えると、”ガツン” と、低音がまるで変わります。

Adsr4

 すみません m(_ _)m 上記の頁から勝手に画像借りちゃいました…

 恐らくは、BOSE のスピーカの方が、アタックの立ち上がりが短い為に ”ガツン” と硬く、ディケイも短い為に減衰が速く、リリースも短い為に、音が篭(こも)らないのだと思います。

 と、いうことで、家には随所でフーファが既に設置されているから、このウーファの出番は今の処ないので、欲しい人に譲ってしまおうか?

 BOSE に変えて全てが好くなった訳ではない。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« アイオーデータの JUNK な AVLP2/DVDG をゲット | トップページ | LM-M100S に無線 LAN を内蔵する »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/49804357

この記事へのトラックバック一覧です: ONKYO のサブウーファ SKW-10 に BOSE のスピーカを換装:

« アイオーデータの JUNK な AVLP2/DVDG をゲット | トップページ | LM-M100S に無線 LAN を内蔵する »