« JUNK な Panasonic DIGA DMR-XW30 の HDD を交換 | トップページ | JUNK な Amtek タブレットPC itablet T226 その後 »

2013年3月 8日 (金)

YAMAHA のサブウーファ YST-SW015 に BOSE のスピーカを換装

 今日も某所でゲットした YAMAHA のサブウーファ YST-SW015 に BOSE のスピーカを入れてみたい。

6029ea54d2374838a4a44616c3e0a891_12

希望小売価格: 21,000円(税込)  (本体価格: 20,000円)
シンプルなキュービックフォルムから、スムーズで力強い重低音を再生するQD-Bassのコンパクト機

A-YST方式
QD-Bassテクノロジー
70Wパワーアンプ
オートスタンバイ機能
B.A.S.S.モードスイッチ(MOVIE/MUSIC)
位相切換スイッチ

 10年以上も前のアクティブ・ウーファだけど、ちゃんと電源が入って音も出た。

P3080043w400

 音を出してみる。

 前回 ONKYO のサブウーファで感じたと同様、やっぱり BOSE スピーカの様な迫力が無い。

P3080044w400  底板を外すとウーファが現れる。
P3080045w400  エンクロージャの中はこんなかんじだった。
P3080050w400  YAMAHA のスピーカ インピーダンスは 6Ωだった。
P3080046w400  これに替えて BOSE 136645 7.2 Ωを入れる。
P3080047w400

 BOSE のスピーカは↓に入っていたものを使う

P3080049w400  載せ替えるとこんなかんじ…
P3080052w400  音を出してみる。

 ダメ!全然ダメ。

 低域がいつまで経っても ”わんわん” と残ってて耳障り。

 恐らく YAMAHA のアンプが BOSE とマッチングしないのだと思う。YAMAHA のスピーカでも同じ様な鳴り方だったけど…

 YST-SW015 は入力信号に感応して電源が on/off されて使い勝手がイイんだけどね。

 BOSE のスピーカを抜いて元の YAMAHA のスピーカに戻しました。

 ハードオフに売りに行きます。\300 位でしか売れないだろな…

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« JUNK な Panasonic DIGA DMR-XW30 の HDD を交換 | トップページ | JUNK な Amtek タブレットPC itablet T226 その後 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/50658048

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA のサブウーファ YST-SW015 に BOSE のスピーカを換装:

« JUNK な Panasonic DIGA DMR-XW30 の HDD を交換 | トップページ | JUNK な Amtek タブレットPC itablet T226 その後 »