« 高校生の息子に自作 PC の組み立て方を教える | トップページ | dynabook TX/65、66 のプロードライザを交換する (5) 追記あり »

2013年5月13日 (月)

dynabook TX/65、66 のプロードライザを交換する (4)

 先日、OS インストール中に再起動が掛かる TX/66FBL のプロードライザを交換して一時は、問題が解決出来たかの様に思えたのですが、コールドスタートからの OS 起動でリセット動作してしまう問題が起こりました。

 元々 TX/66FBL に取り付いていたプロードライザは NEC TOKIN 0E907 でしたが、OE128 を使用しました。

OE907: 900μF
OE128:1200μF

 ということで、容量の大きな OE128 を使った訳です、容量の大きい方が有利であるとするならば、メーカーの設計が其方を選んでいても可笑しくないと思います。

 容量の大きなコンデンサを装備するには、それなりに電流も必要となりますから、2個重ねとか悪戯に容量を増やすことには懐疑的です。

 先ずは、コールドスタートに失敗する OE128 を取り外して、OE907 に交換して様子を見たいと思います。

P5130002w400  今回も 0.6mm の錫メッキ線を使って…
P5130003w400  こんなかんじにリード線を半田付しました。
P5130005w400  コールドスタートに失敗する OE128
P5130006w400  綺麗に取り外しました。
P5130007w400  替わって OE907 をマザーボードへ取り付けます。
P5130008w400  こんなかんじ…

 幾度と無く、シャットダウン - 起動 を繰り返して問題なく OS が起動することを確認出来ました。

P5130011w400  HD 動画の連続再生で、耐久動作試験を行ってみます。

 結果は後日報告致しますが、OE907 に交換したことで結果良好だったとしても、容量の違う OE128 が、悪さをした根本原因だとは断言出来ないと思います。

 理由は、当初 OE128 に対して…

P5080026w400

 この様なリード線の取り付け方ではロクに起動すら出来なかったことです。

 リード線の取り回しだけで起動を左右する訳ですから、OE128 でもリフローに依る取付を行えば結果が違ったかも知れませんし、単に別の OE128 に取り替えるだけでも結果的に問題が解決するかも知れません。

 追記します。

 そうこうしている内に、もう1台の(白い方)の dynabook TX/65FLP を久々に起動した処、数分で再起動が掛かりました。

 なので、こちらの OE128 も OE907 に交換してみようと思います。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 高校生の息子に自作 PC の組み立て方を教える | トップページ | dynabook TX/65、66 のプロードライザを交換する (5) 追記あり »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/51614905

この記事へのトラックバック一覧です: dynabook TX/65、66 のプロードライザを交換する (4):

« 高校生の息子に自作 PC の組み立て方を教える | トップページ | dynabook TX/65、66 のプロードライザを交換する (5) 追記あり »