« PowerDirector 12 のクロマキー合成機能を使う(その2) | トップページ | E3 Flasher 注文しました。 »

2013年10月 6日 (日)

JUNK なコンパクトハイファイコンポ U-K323 をゲット

 今日もハードオフへ楽しい JUNK を物色に行くと、KENWOOD コンパクトハイファイ コンポーネントシステム U-K323 の JUNK 品があった。

Pricev400

CD 等再生するがすぐに電源落ちる
最初から電源入らないときもあります
\1,050

 と説明が書かれていた。

 右下に 131004 と書かれているので、一昨日店頭に置かれた物らしい。

 動作を別とすれば、なかなか綺麗な一品だ。

 オーディオアンプの電源落ち等を直せる自信は全くなかったけど、例えばコンデンサ交換とかで簡単に治ってしまった場合は、スピーカを BOSE 製に変えて遊んでみようと思った。

Pa060024w400

 普通、このテの JUNK 品はリモコン等が付属しないのが当たり前だけど、万一修理出来てしまった場合、リモコンを安く入手出来ずに結局高い買い物をすることがある。

 しかし、今回はリモコン、取説、AM/FM アンテナと付属品に事欠かない。

Pa060001w400  家に持ち帰って電源を入れてみるが、確かに電源が入っても直ぐに落ちたり、電源が入っても CD を入れると再生が開始しているにも関わらず、音が全く出ない!!
Pa060004w400

 先ずは、即効で分解してみる。

 特にコンデンサがパンクしている等といった見て判る部品故障は見つからない。

 内部の埃も少なく、前オーナー様は大事に使っていたと思われる。

Pa060006w400

 AM/FM チューナ部と上部スイッチパネルの基板。

Pa060008w400  チューナと上部パネルの接続 (フラットケーブル等) を外した状態で、電源を投入してみる。
Pa060010w400

 あれ?CD 再生して、ちゃんと音もでるぞ!

 チューナ部を接続するとどうなるか判らないけど、上部パネルを接続しなくても、リモコンでの操作は一通り可能だった。

Pa060011w400

 見辛いけど、メーカーが書いたと思われる基板の 「×」 マークが気になる。

 分解痕跡がないので、メーカー側で書いたとしか思えない。(中央部に大きく斜め線と横線が…)

Pa060012w400  音が出るとなったら、当初の目的通りスピーカを BOSE 製に変えてみたい。
Pa060013w400

 U-K323 のエンクロージャはしっかりした造りの木製だった。

 バスレフのダクトは筐体底面を通じて前面に排出する設計となっている。

 さて、このエンクロージャに入る大きさの BOSE スピーカを用意しなければ…

Pa060016w400 左:U-K323 に内蔵していたオリジナルのスピーカ
中:BOSE AW-1 に内蔵していたスピーカ
右:BOSE MediaMate に内蔵していたスピーカ
Pa060017w400  U-K323 に元々内蔵していたスピーカは重量もあって、まぁ普通のスピーカだ。
Pa060018w400

 BOSE AW-1 に内蔵していたスピーカ

 高域用と思われ、U-K323 に内蔵していたものよりも軽いし見劣りがするが…

Pa060020w400

 AW-1 に内蔵していたスピーカに入れ替えてみる。

 エッジ部が直線の為、エンクロージャと隙間が出来てしまうので…

Pa060021w400

 気密・防水クロステープという代物で隙間を塞ぐ。

 これを塞がないと、恐らく低音が全く出なくなると思われ…

Pa060022w400

 右が、BOSE の AW-1 スピーカと替えたもの。

 エッジ部分も塞いだ。

Pa060003w400

 簡単に箱を組んで、音を出してみると、右側:BOSE の方が音量が大きい。若干音質も良い様に思える。

 しかし、インピーダンス(何Ωか調べてないけど)の違い等に依るものと推測され、明らかに重低音が増すということもなかった。

 BOSE のスピーカユニットに変更して、重低音が出たなら左側も替えるけど、大差無かったので結局 KENWOOD の U-K323 で元々内蔵しているユニットをそのまま使うことにした。

 MediaMate のユニットの方が低音が出るかもしれないけど、口径が合わないので面倒な工作が必要となるから…パス!

 これまでにも、BOSE 製品以外のオーディオ機器に BOSE のスピーカユニットを換装して成功したり失敗したりして楽しんでいる。

Wavemusicsystemw400  U-K323 は BOSE の Wave music system に似せたデザインで音が良いと定評だった様だけど、Wave music system に比べると重低音は出せない。

 結局我が家では、AWM よりも低音が出ない Wave music system すら売ってしまったんだよね…

 さて、チューナ基板を外すことで ”まとも” に動作する様になったと思われた U-K323 だが、チューナを基板繋いでも問題なく動作することが確認出来ました

 今後、不具合が再発しないとも限らないけど…内部の接触不良だったのだろうか?今の処、最初の電源不調は何だったのだろうか?と思える。

 結果的にバラして組みなおすだけで治ってしまうとはラッキーだった happy01

 新品が \39,800 で未だ売られてるのに驚いた!

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« PowerDirector 12 のクロマキー合成機能を使う(その2) | トップページ | E3 Flasher 注文しました。 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/53510153

この記事へのトラックバック一覧です: JUNK なコンパクトハイファイコンポ U-K323 をゲット:

« PowerDirector 12 のクロマキー合成機能を使う(その2) | トップページ | E3 Flasher 注文しました。 »