« ミス・モノクローム | トップページ | PowerDirector 12 のオンライン出力を使ってみる »

2013年10月11日 (金)

KENWOOD コンパクトハイファイコンポ U-K323 のスピーカを BOSE に交換

 先日ゲットした JUNK 品だった KENWOOD コンパクトハイファイコンポ U-K323 のスピーカを BOSE のユニットに交換した。

 BOSE の AW-1 に入っていたスピーカと交換したものの、低音が改善したと思わなかったので一度は諦めたものの、MediaMate のフルレンジ 5.8cm ユニットを入れることにした。

Pa110001w400

 U-K323 のスピーカユニットとは径が違うためバッフルを作成する必要があった。

 90mm x 90mm t3 のアクリル板を購入してきた。

 ホームセンターで 90mm角に切断して貰えたものの、丸穴の加工は出来ないということだった。

Pa110004w400

 仕方なく自力で穴を開ける。

 半径 31.5mm 直径 63mm の穴を開ける。

Pa110005w400  穴開けには自由鋸を使った。
Pa110006w400  なんとか穴を開けることが出来た。
Pa110010w400  スピーカユニットの裏面には気密シールも兼ねて弾力のある両面テープを貼った。
Pa110011w400

 エンクロージャにアクリルのバッフルとスピーカユニットを取り付けた。

 斜めの取り付けが格好悪いが、外から見えないから気にしない…

Pa110013w400

右:元々搭載されている U-K323 のユニット

左:今回入れ替えた BOSE MediaMate 等に使用している BOSE では汎用性の高いユニット

Pa110014w400  しかし、フロントグリルの開口部は、元々のスピーカを想定した形状の為、BOSE のユニットを入れるには加工が必要だった。
Pa110015w400  切りっ放しでこれまた格好悪いけど、前面から見えないので気にしない…
Pa110016w400  シャーシに左右共入れ替えたエンクロージャとバスレフユニットを配置!
Pa110018w400  最後に組み上げて、音楽を試聴する…

 まぁ、MediaMate っぽい音にはなりましたが…

 やっぱり MediaMate の低音を3割引したって感じかな?U-K323 に比べると、”もわん” とした低音から明らかに乾いた低音に変わったけど、元々のスピーカの方が音に厚みがあった orz

Bosew400  因みに MediaMate ってこんな感じの小型デスクトップ・スピーカで、小さいのに、どうしてこんなに低音が出るの?と不思議に思ってしまう BOSE のスピーカなんです。

 面倒な思いして変更したワリには MediaMate の方が低音が出る結果だったので、イマイチ失敗だったかな?

 フロント・グリルの内側プラスチックを削ったりしたけど、やっぱり元のスピーカに戻すわ

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« ミス・モノクローム | トップページ | PowerDirector 12 のオンライン出力を使ってみる »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/53566466

この記事へのトラックバック一覧です: KENWOOD コンパクトハイファイコンポ U-K323 のスピーカを BOSE に交換:

« ミス・モノクローム | トップページ | PowerDirector 12 のオンライン出力を使ってみる »