« 動画製作ちぅ | トップページ | PowerDirector 12 のクロマキー合成機能を使う »

2013年10月 4日 (金)

息子の友人のネットブックを修理

 高校3年生の息子が、友人のノート PC が壊れたので修理して貰えるか?というので、急遽引き受けた。

 どうやら、落下させて色々と破損させてしまったらしい。

 過去に液晶破損 JUNK 品を落札したことがある ONKYO C423 というネットブックだ。

 ヤフオクで売ってしまったが、こんなことなら手許に置いておけば良かったかも知れない。

Pa040009w400

 スイッチ部の配線が断線して、電源 on/off が儘ならないという。

 起動してしまえば、Windows 7 Starter が問題なく動く。

Pa040010w400  電源スイッチ部のリード線が断線してしまっている。
Pa040011w400

 中を開けてスイッチ部を取り出す。

 液晶開閉ヒンジのプラスチック台座も破損していることを発見!

Pa040013w400

 コネクターの根元からリード線が切れている。

 なので、リード線を切って繋ぐことが出来ない。

Pa040004w400  リード線付きのコネクタを持っていそうなので家中を探した。
Pa040005w400  再生不可能となった JUNK なノート PC 辺りから物色するが、似た様なコネクタを見つけても、意外と勘合しない…
Pa040018w400  仕方ないので、電源スイッチ基板へ直接リード線を半田付けした。
Pa040020w400  電源スイッチを押して、Windows の起動を確認!
Pa040022w400

 半田付けした部分はプラリペアで封止する。

Pa040024w400  スイッチカバーの爪が破損してしまっている為、エポキシ樹脂系接着剤で固定することにした。
Pa040028w400

 接着が浮かない様にクランプして半日程放置する。

 裏面のネジ左右1本づつで、ヒンジ固定金具を留めることが出来ているので、台座破損のワリにはヒンジが固定されている様に思える。

Pa040029w400

 無理に液晶を開閉させなければ、ヒンジの台座破損は、致命的な問題ではないと思えた。

 ということで、明日には修理品を渡すことが出来ると思います。

 また、内部、外部ともに簡単にクリーニングを行ないました。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 動画製作ちぅ | トップページ | PowerDirector 12 のクロマキー合成機能を使う »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/53492348

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の友人のネットブックを修理:

« 動画製作ちぅ | トップページ | PowerDirector 12 のクロマキー合成機能を使う »