« dynabook R731/16C のキーボード交換 | トップページ | 円安の為に PC パーツの値段が高い! »

2015年6月13日 (土)

Lenovo G580 の CPU を i7-3610QM に交換

 先日 G570 を i5 から i7 に換装しました。

 今回も某オークションで落札した Celeron な G580 を i7 化したくなりました。

 元々 G580 には i7 3520M (Ivy Bridge) を搭載したモデルが存在するのですが、3520M は i7 と言っても2コア4スレッドです。

 2コアなクセに i7 という命名は些かインチキ臭いと思います。

 手許には TDP 45W と大きいのですが、3610QM が有るので、4コア8スレッド化してみたいと思います。

P6120123w400

 元々 Windows8 がプリインストールされた PC の為か、セキュアブートが無効であるにも関わらず Win7 のインストール DVD を認識出来ませんでした。

(写真は Windows インストール済のものでしたwww)

P6120121w400

 外付けの USB DVD ドライブで Windows7 をインストール出来ました happy01

 Celeron B830 1.83GHz のままリカバリを行なうと正常に OS を起動出来ました。

P6120125w400  G570 と違って裏蓋を外すだけでは CPU が換装出来ない仕組みです。
P6120127w400

 というわけで、分解

 マザーを取り出します。

P6120128w400  Celeron B830 1.83GHz Dual core な CPU です。
P6120129w400

 恐ろしく使用感が無い異常に綺麗な CPU ファンでした。

 普通は手に入れたら真っ先に掃除するんですけど…

P6120130w400  i7-3630QM に載せ換えます。
P6120131w400

 BIOS 起動!

 CPU も正しく認識されました happy01

Cpuzw400_3

 CPU-Z を見ると…

 あれ? 4core 8Threads の筈の CPU が、4Threads となっている!?

Coretemp

 TDP が 10W も高い CPU に換装したので、廃熱の問題とか色々と憂慮すべき問題はあるのだけど、4 コア4スレッドってのが先ずは気に入らないな…

 Celeron のまま Windows をインストール(リカバリ) してしまった為だろうな…

 i7-3630QM に換装した方が居まして、同じ問題を抱えておられましたが、CMOS クリアで問題を解決出来たそうです!!

 いい事を聞きました!

P6120124w400

 幸いなことに G580 はマザーを取り出さずとも裏蓋を外すと、CMOS バックアップ用リチウム電池にアクセス出来ます。しかもデスクトップ同様 CR2032 のリチウム電池が搭載されてます。

 電池を外して、端子をショートすることで CMOS クリアを行ないました。

 が、やはり CMOS をクリアしたたけでは 4Threads のままでしたので、再度リカバリを行なうことにしました。

 ということで、リカバリ中…

 G580 が i7 化出来たら、i7 化済の G570 は売りに出してしまう予定です。


追記: CMOS クリアを行なって再リカバリを行なったにも関わらず、4Threads のままでした orz 

Biosw400  Lenovo の HP に新しい BIOS が上がっていたので update しようと思ったのですが…
Errw400  ERROR 233 - Only serured capsule is allowed on a SerureFlash system!! と表示されて BIOS の更新も阻まれる!

 Windows8 なノート PC は此処でも壁を作ってくれました…

 BIOS update password ってものがあって ”lenovo” と入れるらしいことが lenovo COMMUNITY に書かれてたりするけど、Win8 を一回インストールして BIOS update してってのも面倒だし、もう 4Threads でもイイかな?

 恐らく 8Threads にしてもパフォーマンスは殆ど変わらないと思うし…コア数が4個ってとこが重要だと思う。

追記: core i7-3610AM が4コア4スレッドとなる 8スレッドになりました!

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« dynabook R731/16C のキーボード交換 | トップページ | 円安の為に PC パーツの値段が高い! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ひでさま はじめまして。 

G570,G580大好き人間です。磨くほどにキレイになる様はまだまだヒンジを手入れしてでも使い続けたいと考えています。

さて、実は、G580をi7-2630QMで換装可能ということで、これから挑戦しようと思っており、
WIN7とWIN8と両方あるのですが、記事に書かれていらっしゃる通り、cmosクリアは必須なのか、
それとも、BIOS画面F9でset defaultするだけでよいのか、
具体的にどのようにすればよいのか、教えて頂けますと大変うれしいです。

お手数をおかけいたします。

投稿: YUKI | 2019年1月20日 (日) 01時57分

YUKI さん、はじめまして happy01

BIOS の F9 Load Setup Defaults で大丈夫と思われます。
裏蓋開けるだけで、CMOS バックアップ電池にはアクセス可能なので
Setup Defaults でも 4コア8スレッドとならない様なら、CMOS クリアを
行ってみては如何でしょうか?

投稿: ひで | 2019年1月20日 (日) 10時44分

ひでさま ファンでいつも楽しく拝見しています!lovely

早速アドバイス頂き有難うございます。

家にG580が40台、570が20台位、出荷待ちなので、共通で使えるi7の45Wを集めています^^;

ちなみに、CMOS クリアのショートというのがよく分かってないので、いざ必要な時はまたお世話になります MoM

投稿: YUKI | 2019年1月20日 (日) 19時41分

>家にG580が40台、570が20台位

凄いな!業者様ですか?
数台、安く譲ってください(笑)

https://www.tekwind.co.jp/ASU/faq/entry_33.php
CMOS クリア方法は上のサイトに詳しく載ってます

投稿: ひで | 2019年1月20日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/60367454

この記事へのトラックバック一覧です: Lenovo G580 の CPU を i7-3610QM に交換:

« dynabook R731/16C のキーボード交換 | トップページ | 円安の為に PC パーツの値段が高い! »