« リカバリ済の dynabook R731/16C を落札したらリカバリされてなかった件 | トップページ | 7インチタブレット HP Slate7 をゲット »

2015年6月 3日 (水)

テープデッキ用の消磁器を購入

 オープンリール・テープデッキ用ヘッドの消磁器をオークションで落札しました。

P5300085w400 P5300086w400
Openv400

 なんともレトロな箱に入った懐かしい消磁器です。

 今時の人は見たことないと思いますが、その昔アナログなオーディオ時代にオープン・リール・テープやカセットテープといった記憶媒体があって、磁気ヘッドにテープを長時間擦っているとヘッドが帯磁して音質が劣化する為、磁化したヘッドの帯磁を消すという器具でした。

P5300088w400  試しに、帯磁したドライバの先端の磁化を消してみたいと思います。
P5300089w400  どれどれ…

 まったく消磁出来ませんでした(笑)

 ドライバの様に ”あからさま” に磁石化してしまっている物体には使えない様です。

 で、何のために購入したかと言うと…

Casew400  カバー部にマグネットが入っていて、カバーを閉じるとタブレットをスリープ状態に出来るケースが売られています。
P5300007w400  私も Nexus7 で使っていますが…
P5300002w400  これが Nexus7 2012年モデルの CPU 基板です。
P5300004w400  恐らく、黄色枠の素子がホールセンサだと思います。(自信度 40%)

 ホールセンサが帯磁してスリープから解けないノート PC の事例がある様です。

 上の方のブログでは特に消磁して治した訳では無い様ですけど。

 バックライトが故障した(と思われた)ノート PC は実は、開閉センサのホール素子が帯磁に依る故障が原因ではないか?と推理した為に、消磁器を買っておこう!と思った次第です。

 過去のノート PC はフロッピー DISC が磁石を嫌う為にディスプレイ部の開閉状態を機械的なスイッチで検知してましたが、今は磁石とホールセンサが一般的となりました。

 私の様に古いソフトエンジニアは、机の上に絶対磁石を置きませんでしたね…

 ということで、買って使う機会が、そうそうあるとも思えませんが、「起動しているに違いないのに液晶が光らない」 と言ったノート PC をゲットした際に試してみたいと思います。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« リカバリ済の dynabook R731/16C を落札したらリカバリされてなかった件 | トップページ | 7インチタブレット HP Slate7 をゲット »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/60191137

この記事へのトラックバック一覧です: テープデッキ用の消磁器を購入:

« リカバリ済の dynabook R731/16C を落札したらリカバリされてなかった件 | トップページ | 7インチタブレット HP Slate7 をゲット »