« docomo との戦い(その1) 背景 | トップページ | JUNK な nasne の修理 »

2015年12月20日 (日)

コメントの停止について

 コメントを寄せて頂いた方には大変申し訳ありませんが、一部記事に対するコメント書き込みの停止と、公開を停止しております。

 \75,000 料金が不当に請求されてました。どうしたら良いでしょうか?と知恵袋等で質問している訳ではなくて、私が管理する私のブログで記事を書いており、私が為すべき事は既に決定していて、どうすべきか?について皆様からの否定的意見を頂くつもりはありません。

 また、docomo に対しても 「自ら確認せずに解約が完了したと信じた私は馬鹿でした」 と申し上げており後悔も反省しておりますので、確認しなかったお前が悪い等のコメントを頂く度、心が折れそうになります。もう沢山です。

 \75,000 と言っても家族で年間数十万円もスマホの代金を支払っている訳ですから、金の問題ではありません。例えば息子が月に \3,000 のコンテンツを有効に活用していたなら何の問題もありませんが、結果的に解約されてなかった事実が問題な訳です。

 システムの構造や、仕組み、教育についても docomo には改善を要求するつもりですし、料金についても多くの人は泣き寝入りするのかも知れませんが、私はそうでない…ということだけです。

 今後私の様な事故が起こらないことを願います。

 挙句は…

自分の不得意の事は他人任せで確認もせず文句、
最後は恐喝まがいの一言はどうかと。

 といったコメントまで頂く始末で、恐喝まがいの振る舞いを行なった覚えはありませんで、「今後とも好い関係を続けたいと思っておりますので、どうか私が失望する回答を為さいません様に。」の言動が恐喝だと言うなら、ビジネスシーンでは当たり前に恐喝が行なわれていることになります。

 その様な訳で、普段コメントを頂くのは大変嬉しいのですが、暫く特定記事のコメント公開を停止させて頂きます。場合に依っては記事そのものを削除するかも知れません。

 また、今後の結果も含めて記事を書くかは判りません。

 私の言動や行動が不愉快に感じる方が居るかも知れません。その場合は申し訳ありませんが私のブログには来ない、記事を読まない等の対応をお願いします。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« docomo との戦い(その1) 背景 | トップページ | JUNK な nasne の修理 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

いやはや色々と大変ですね

実は一ヶ月ほど前に同じようなことを妻のスマホで経験いたしもした。
妻の場合はauで携帯時代に契約したコンテンツをずっと払い続けていました。
うちは携帯料金の引き落とし口座が別々でかつ、それぞれが管理してるため気づかなかったのですが、スマホの使用料の話をしてるときに妻の金額が異常に高かったので確認して発覚しました。

今のスマホになるまではずっと携帯を使用していたため音楽ダウンロードなどが大量に残っていました。スマホの契約をするときに「今使ってるコンテンツは全て解約して下さい」と店で頼んだのですがされてなかったわけです。まあ随分時間も経っており、言った言わないを争っても証拠もなくムダだろうという判断であきらめましたが、月額10000円以上も多く払ってたわけで高い授業料でした。
勿論細かいことを気にしない妻の落ち度だし、これで誰を責めるつもりもないんですが、この事もあってずっと使ってきたauを次はやめよう」と言っていますから、結果的に信頼を失い客を失うことになるんですよね。

気づかない人が悪いような事を言う人も多いですが、実際わざと複雑にしてわかりづらくしているのは各携帯キャリアなんですよね。調べれば知らずにコンテンツ料を払い続けてる人は沢山いる人も多いと思います。
この一連の記事がそういう人達への警笛になることを望みます

投稿: Es | 2015年12月20日 (日) 22時56分

Es さん、大変貴重な体験談ありがとうございます happy01

この様なコメントを期待しておりました。

実は、解約時にスマホを操作させられてスタッフと一緒にオプションが
解除されたことを確認していた可能性が出てきました!

但し、無料期間のオプションは課金がスタートしてないので、リストに
表示されないんです。

だとすると、来月改めて確認しなければなりませんが、課金日に依っては
2ヵ月後に更に確認する必要があって、その場合1ヶ月はどうしても課金
されてしまう様です。

勿論加入したオプションを正確に把握して所定の解約手続きを全て
間違いなく行なっていれば、課金されることはないと思いますけど。

2ヵ月後に再度確認する必要がある等の説明は受けてませんし、
こうなると、システムの構造上の問題があるとしか言えません。

また、システムのリスクを正しくスタッフが理解してなかった

…しかし、
>月額10000円以上も多く払ってたわけで高い授業料でした。
高すぎる授業料ですね。

しかも、私と同じ様に、「今使ってるコンテンツは全て解約して下さい」と店で頼んだのですがされてなかったわけです」
が au でも起こっているとすると、これはもう社会構造上の問題ですね。

>この一連の記事がそういう人達への警笛になることを望みます

お役に立てれば幸いなのですが、docomo に責任を転嫁していると
指摘する人も多く、記事を快く読んで貰えないので、残念な限りです。

こんなコメントも頂きました

  A店とB店は経営母体が同じ会社にいかれたのですよねぇ。

  「docomo 側のシステム構造上の問題ではないでしょうか?」との意見ですが
  理想論ですね。
  万人に完璧なシステムなんてないでしょ。

そんな事一々調べて解約に行く人居ますか?
解約を申し出たのに抜けが出るシステムでないものにするのは理想論ですかね?
docomo の関係者でしょうか?

投稿: ひで | 2015年12月20日 (日) 23時20分

こんにちは、いつもながら 情報発信 お疲れ様です。ショップへ行く手間や対応の待ち時間など 大変だったと お察ししますw

>docomo の関係者でしょうか?  ←販売員 さんか何かですかね~?いずれにしても 底辺の販売員(”売れれば何でも何してもよし” 的な残念なひと)じゃないかなぁ(笑   私も”知るかそんな系列会社のことなんてっ”て感じですね

いいもの 安く売る(携帯機種本体も サービスも)が基本的に お客様の うれしい 原則なのですが 後から ユーザー任せで こじきのように 解約忘れ狙いで はなから だまし売り みたいな 販売方法するよりも

最初から 試用期間後 自動解約の 仕組みのルールとかにしてほしいですね

でないと  ”ごまかして+だまして”まで 売り上げ ほしいんだ Docomoさんって最後は思われちゃうよね、 

販売する人間 会社のモラルも 問われますね~これからwwさらに

なんにせよ ひどい話しでしたね、応援します 決して間違っていないと思います。

きっと このままいくと TV CMが ”未利用 コンテンツの 過払い金の返金手続きは ○○○法律事務所で” とかなっちゃったりして (大笑


投稿: joned | 2015年12月21日 (月) 01時34分

ひでさん、こんばんわ

普段はこう言ったことにあまりコメントはしないのですが、一言

私は今まで三大キャリアとすべて契約したことありますが、総じて言えることは、ショップ店員で自キャリアのサービス、プランを把握している人に出会ったことがありません

サービスが複雑すぎて、教育すらままならないのではないでしょうか

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップと看板があっても、直営ではなく代理店というケースが多いので、キャリア側もあまり関与していない感じがします

例えば、一部ショップで未だにある、頭金制度
あれはキャリアでは一切関与も制限もしておらず、
ショップ側で手数料を独自にとっており、オプションにはいれば無料にするなど、悪どい販売が往々にして行われてます

私は契約時に何度も揉めたことがあります

ショップ店員がわからないことは、もちろんお客である我々もわからないのが普通であり、インセンティブ制度ありきの販売方法、とにかく売れば良いという、売りっぱなしの文化には疑問が残ります

私もすべて把握しているわけではありませんが、比較的キャリアの契約プランには精通しているつもりなので(関係者ではありません)、身近な人で携帯料金がべらぼうに高い人がいると、必ず請求書を確認させてもらい、コンサルまがいのことをしてたりします

料金が高い人に共通していえることは、ひでさんと同じ状況で、オプションの解約忘れか、悪く言うと騙されて加入させられたオプションが残っているという感じです

長々と書きましたが、ショップ店員にも、我々ユーザーにも分かりやすい契約方法、料金プランにしてほしいと願うばかりです

投稿: Q | 2015年12月21日 (月) 22時04分

joned さん、コメントありがとうございます happy01

”未利用 コンテンツの 過払い金の返金手続きは ○○○法律事務所で”

ホントに有り得ない話じゃないですよね…

Q さん、コメントありがとうございます happy01

私も今日勤め先の会社の隣に座っている課員が docomo のスマホだったので
課金状態を見るようにお勧めした処、2002年から13年間に渡ってガラケー
時代に加入させられたオプションが活きてました coldsweats02

>コンサルまがいのことをしてたりします

私もソレやります!

投稿: ひで | 2015年12月22日 (火) 22時00分

ひでさんこんにちは。私も何年なのかわからないくらいNOTTV、dwango、ムービーフルの課金をされていたことに本日気付き、1度も使わないコンテンツに一体何万円損したのだろうがっかりしすぎて落ち込んでおりました。ドコモのメニューで解約できるものは全てしていたのでまさかそのままになっていると思わずアプリも削除していて気が付かなくて。料金確認にもコンテンツ名は詳しく調べないと表示されないなんておかしいと思います。こちらの記事にとても共感しました。夫もコンテンツやサービスに入りっぱなしで、かなりの金額を支払っていたようです。使っていたならまだしも、1度も使っていないのに支払いだけしていたなんて、悔しくて。
オプションに強制加入させるなら、解約についてももっと詳しく伝えるべきだと思います!
その後ドコモとの戦いには勝利されたのでしょうか、私はよく確認しなかった自分の非もあり泣き寝入りになりそうです。本当にがっかりです。

投稿: なな | 2016年3月28日 (月) 14時13分

なな さん、コメントありがとうございます happy01

http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/docomo-990b.html

私の上の記事の通り全面勝訴して、9万円程の料金返還を受けている
最中です。
最中というのは、一括返金ではなく月々の支払いから数ヶ月に渡って
返還して貰っている状態で、ここ数ヶ月は docomo 料金の支払いは0円
となってます。

消費生活センターに赴いて状況を説明すると相談に乗ってもらえます
ダメ元で相談してみましょう!

無き寝入りするだけでは絶対にお金は戻りません。

がんばって!

投稿: ひで | 2016年3月28日 (月) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/63052013

この記事へのトラックバック一覧です: コメントの停止について:

« docomo との戦い(その1) 背景 | トップページ | JUNK な nasne の修理 »