« JUNK な Jawbone JAMBOX をゲット | トップページ | イヤホンの修理依頼 »

2016年9月25日 (日)

修理した Walkman NW-Z1050 死亡しました

1w400

 充電スタンドに置いて…

 暫し bluetooth スピーカへ音楽を配信していました。

P9250001w400

 曲を変えようと本体を触ると触れない位熱くなってました??

 なんじゃこりゃ!?

 慌てて充電台から Walkman を引き抜いて、演奏していた Walkman の電源を切って分解、バッテリーを抜きました。

P9250005w400

 充電に使っていた Walkman ケーブルのプラグが飴の様に溶けてます shock

40ww400

 充電器は多数のタブレット等の充電に耐えるべく 5V-8A (40W) もの大容量4個口充電器だったので 1A 程度の普通の充電器だったら、こうはならなかったかも知れないけど…

 バッテリーへの過充電はありませんでしたが、大電流 AC アダプターってのも考え様に依っては恐ろしいな…

P9250002w400

 本体のコネクタの金属端子は酸化というより、炭になってます。

 炭を取り除こうと色々試しましたが、ダメ。

 再起不能。

P9250004w400  勿論、別の Walkman ケーブル挿しても充電出来ません。

 コネクタが焦損した原因ですが…

 接触不良を治そうと CRC 5-56 を接点にぶっかけた事が原因で、不純物が導体となってコネクタに過大な電流が流れたと推測します。

 5-56 自体は接点復活剤として使用することが許されているので、あくまでコネクタ内に存在していたゴミが原因だと思います。(追記:冷静に考えると、単に接触不良だったかも知れません)

 いや、マジで家事になる処だったわ…

 本体外装が 65℃位あったと思うけど、よくも平然と音楽を演奏していたものだと感心した。音楽が止まる頃には火が上がってたかも知れない shock リポ電池も爆発の可能性あるから怖いね。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« JUNK な Jawbone JAMBOX をゲット | トップページ | イヤホンの修理依頼 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

直って良かった!と思ったらこんな結末に・・・
火事にならなくて本当に良かったですねー
自分は中華電池なんかは気をつけて充電するようにしてます
GALAXY Noteみたいなことになったら、シャレにならないですしね

投稿: Q | 2016年9月25日 (日) 22時06分

結局頂いた基板に戻して、イヤホンジャックは利用出来たので
動作不安定だけどイヤホン使えて、充電も出来る状態には
戻りました happy01

投稿: ひで | 2016年9月25日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/67649932

この記事へのトラックバック一覧です: 修理した Walkman NW-Z1050 死亡しました:

« JUNK な Jawbone JAMBOX をゲット | トップページ | イヤホンの修理依頼 »