« NAS のデータ退避完了 | トップページ | beats pill のバッテリー交換 »

2017年6月22日 (木)

LinskStation LS510D の HDD を交換

 LS210D や LS410D シリーズは PC からファームを転送することが出来ましたが、LS510D シリーズから転送方法がガラっと変わった様でファイル構成が違ってます。

 内蔵した 1TB の HDD を取り出し、手持ちの 3TB HDD へセクタコピーして LinkStation の初期化を行うと 3TB の NAS として使えるのではないかと思うので実践してみます。

_dsc0756w400

 まだ新しいモデルの為か LS510D シリーズのケースの開け方が web を探しても見つかりませんでしたので、自力で方法を模索します。

 いつもの様にプラスチックのヘラを突っ込んで抉じ開けます。

_dsc0757w400

 因みにこのまでの LS410D シリーズ等と違ってビスを外す部分は1本もありませんでした。

 赤丸のプラスチック爪を破損しました。

 どこも破壊せずにケースを開けるのは難しいかも知れません。

_dsc0758w400

 ケースが開きました。

 冷却ファンは搭載しないモデルです。

_dsc0759w400

 buffshop のリファビッシュ品なので HDD は新品ではない筈です。

 PC に繋いで、S.M.A.R.T. 情報をみてみます。

1tbw400

 WDC WD10EZRX-22A3KB0 1000.2GB

 NAS でよく使われている Western Digital の HDD です。

 電源投入回数:42回
 使用時間:34時間

 勿論、不良セクタ等はありませんでした。

_dsc0760w400

 さて、入れ替える為の大容量 HDD を用意します。

 手持ちだと外付け用 3TB の物しかありませんでした。

_dsc0761w400

 これをケースから取り出して…

 因みに入ってた HDD は WD30EZRX でした。

_dsc0762w400

 1TB → 3TB へセクタコピーを行います。

 一晩放置しました。1TB のコピーなので然程の時間は掛かりませんけど。

_dsc0763w400  LS510D を 3TB の HDD に換装しました。
510dnasw400_2  HDD をコピーした状態で NAS の電源を投入し NasNavigator2 を見ると、LS510D は認識されるものの、HDD の容量が表示されないし、共有フォルダにアクセス出来ません。
Manw400  NasNavigator2 から web 設定を開くと、LS410D 等とは違って新しい設定画面が表示されました。
Formatw400  メニューから 初期設定 > ディスク を選択し、(O) ハードディスクをフォーマットするを実行しました。
3tw400  NasNavigator2 に 2748.0GB のドライブとして表示され、共有フォルダへのアクセスも出来ました。

 ということで、オリジナル或いは LS510D で起動出来る状態の HDD があれば、セクタ・コピーを行い HDD 換装後にフォーマットすることで、予想通り容量の大きな NAS として使えることが判りました。

 HDD が故障していて交換したい場合の方法については、誰かが解明してくれるのを待ちましょう。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« NAS のデータ退避完了 | トップページ | beats pill のバッテリー交換 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/70937195

この記事へのトラックバック一覧です: LinskStation LS510D の HDD を交換:

« NAS のデータ退避完了 | トップページ | beats pill のバッテリー交換 »