« 512GB の microSD カードを購入してみる | トップページ | Nexus7 のクレードルを改造して d-01j のクレードルを作る »

2018年4月13日 (金)

敢えて SHURE SM58 の偽物を買ってみる

 SHURE SM58 の偽物はヤフオク等で簡単に手に入るので(笑)超安物の偽物でしかも中古品をゲットしました。新品で安物はほぼ偽物らしいです。

 本物と、どんだけ音が違うのか体験したかったからです。

 このマイク限れば SHURE のロゴも無いので偽物と判り易いですが、SM58 の偽物とは知らず使ってるユーザも沢山居ると思います。

 本物と偽物って素人が音で簡単に判断出来るのでしょうか?自分の場合 Beats のヘッドフォンなら判るけどね。

_dsc2798w400

 こんな外観の偽物です。

 ヤフオクの出品でも SM58風と明記されてました。

_dsc2799w400  SM58 の本物はグリップ部に樹脂で固められたトランスが存在する筈です。
_dsc2800w400  樹脂を剥がしてみると、ビニールのゴミが詰まってました(笑)
_dsc2801w400  トランスは存在しません。
_dsc2812w400  カートリッジは本物と似てますね。
_dsc2815w400

 トランスが無いので、AT-CLM700 のカートリッジと簡単に交換出来ました。

 本物の SM58 と音を比べてみるつもりです。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 512GB の microSD カードを購入してみる | トップページ | Nexus7 のクレードルを改造して d-01j のクレードルを作る »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/73282410

この記事へのトラックバック一覧です: 敢えて SHURE SM58 の偽物を買ってみる:

« 512GB の microSD カードを購入してみる | トップページ | Nexus7 のクレードルを改造して d-01j のクレードルを作る »