« SHURE BETA58A のワイヤレス化 ② | トップページ | ガイガーカウンター購入 »

2018年5月14日 (月)

SHURE BETA58A のワイヤレス化 ③

 の続きです。

_dsc3020w400_2  上下を繋ぎ合わせる方法を模索します。
_dsc3022w400  赤〇部の黒いプラスチックを除去すればワイヤレスマイク AT-CLM7000 のアルミ製ハウジングとぴったり勘合出来ることが判明しました。
_dsc3023w400  こんな感じに…
_dsc3025w400  早速模型用鋸でプラスチックをリング状に切断…
_dsc3026w400  切断出来ました。
_dsc3027w400  おお!繋がったぞ!
_dsc3028w400

 樹脂系の接着剤で勘合部分を接着しました。(接着剤で恒久的な強度保てるか少し不安)

 更に、マイクのハンドルにラバーグリップを巻く の方法でハンドル部にラバーを巻きました。

 さて、完成品は長くて重いです

 放送用のワイヤレスマイクもワイヤードに比べると長いですが…

_dsc3029w400

 一般的カラオケ屋に装備される AT-ALM7000 の重量は約 270g 

 カラオケ屋さんに依っては古いタイプの AT-CLM700 が今でも使われてたりしますが、この場合は約 300g です。

_dsc3032w400  BETA58A は約 280g ですが、マイク・ケーブルが繋がるので 300g を超えます
_dsc3030w400

 SHURE BETA58A のワイヤレス化 の重量は約 310g

 外観は AT-CLM7000 と変わりませんがトランス等を内蔵している為、重くなってます。

_dsc3031w400  今回製作したワイヤレス化 ② は約 320g と更に重くなってます。

 重心が高くなったことと重量が 50g 増えたのは結構な負担です。

 SHURE BETA58A のワイヤレス化 ② をカラオケ屋さんで数時間持っていたら手がバカになりました。

 BETA58A を有線ケーブルで手に持った時と然程重量は変わりませんが、折角のワイヤレスなので、300g 以下にしたかったです

2227w400

 BETA58A にはプロ用のワイヤレスシステムが有りますがお値段は10万円以上、光学式ではなく無線方式なのでそのままではカラオケ屋さんでは使えません。

 ワイヤレスとなると、ご覧の通り長いです。

 マイクの重量は乾電池を抜いて 290g 単三電池2コの重量が約 50g なので総重量は 295g ということで本物も 300g 以下の重量となってます。

追記:結局3号機、4号機を製作して完成版となりました。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« SHURE BETA58A のワイヤレス化 ② | トップページ | ガイガーカウンター購入 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/73475253

この記事へのトラックバック一覧です: SHURE BETA58A のワイヤレス化 ③:

« SHURE BETA58A のワイヤレス化 ② | トップページ | ガイガーカウンター購入 »