« Oculus Go の日本人向け接顔パーツが届いた | トップページ | カラオケ用ワイヤレスマイクの研究 »

2018年6月 8日 (金)

無線式ワイヤレスマイクを改造

 無線式のチープな Wireless マイクを購入しました。

 安いだけにチープな音がします。またマイクグリルに口を当てる程近づけないと、まともに音を拾いません。

 なので、コピー品ですが BETA58A の互換マイク・カートリッジに入れ替えてみたいと思います。

_dsc3085w400

 K&K AT-309

 ワイヤード・マイクとしても使える無線式ワイヤレス・マイクで、受信機とセットです。

 カスタマーレビューにはノイズが酷くて使い物にならないと書かれてました。

_dsc3086w400  マイク・カートリッジを挿げ替える為にグリルボールを外しました。
_dsc3088w400  カートリッジは薄っぺらで安いヘッドフォンのユニットの様です。
_dsc3087w400  BETA58A の互換マイク・カートリッジを入れる為にハウジングを加工します。
_dsc3091w400

 途中は省略…

 完成!

 BETA58A の互換マイク・カートリッジが長い為に長めのグリルボールに変更しました。

 外観は K&K AT-309 と変わりません。

 カラオケ屋さんで音出しテストを行いましたが、やはり BETA58A の互換マイク・カートリッジ音はイイです。

 が、ノイズが酷い orz

 また無音時にノイズが少なくても、音の大きさに合わせて ”ザー” とノイズも大きくなります。

 やはり、ボーカル・マイクには全く使い物にはなりませんでした。

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« Oculus Go の日本人向け接顔パーツが届いた | トップページ | カラオケ用ワイヤレスマイクの研究 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/73641554

この記事へのトラックバック一覧です: 無線式ワイヤレスマイクを改造:

« Oculus Go の日本人向け接顔パーツが届いた | トップページ | カラオケ用ワイヤレスマイクの研究 »