« 気管支炎で自宅療養中 | トップページ | Qua tab pz LGT32 の液晶交換 ② »

2018年11月 4日 (日)

Qua tab pz LGT32 の液晶交換

 microUSB 端子が焼損した Qua tab pz をゲットしました。

 ディスプレイは10.1インチ、1920×1200ドットのIPS液晶。チップセットは「MSM8952」で、1.5GHz×4と1.2GHz×4のオクタコア。RAMは2GB、ストレージは16GB。最大256GBまでのmicroSDXCカードをサポートする。メインカメラは500万画素、インカメラは500万画素。

_dsc3743w400

 充電プラグ側の問題と思われプラグが焼損し、本体のプラスチック部も溶けたという代物。

 充電プラグに赤燐でも使われていたのでしょうか?

_dsc3746w400  現時点では、microUSB 端子が利用出来ない為充電が出来ませんが、ご覧の通り本体は起動してます。

 裏蓋を外そうとしましたが、どうにも外す事が出来ません。

 web を探しても Qua tab pz の分解方法を言及しているサイトが見つかりません。

 分解せずに microUSB 端子を利用出来る様にならないものか…

_dsc3751w400  プラスチックが熱で膨れてプラグを引き抜く事が出来ない状態なので、プラスチックを削ります。
_dsc3752w400  折角綺麗な本体ですが、仕方ありません。
_dsc3753w400  焼損したプラグを引き抜く事が出来ました。
_dsc3759w400  が、microUSB ジャックを見ると、此方も焦げて炭になってて見るからに使えません。

 やはり、分解して microUSB 端子(ジャック)を交換するしかありません。

 これとは別に、液晶ワレした Qua tab pz を格安でゲットしてまして、液晶を外して分解方法を探ります。

_dsc3747w400

 SONY のタブレット同様、液晶パネルを外すことで分解を行ってみます。

_dsc3749w400

 分解出来ました。

 元々パネル割れのジャンク品をゲットしたので、パネルを外す際、更に割ってしまっても痛くありませんので分解は楽でした。薄い金属を使ってのパネル分離なので、手は痛い思いをしましたが…

_dsc3750w400  バッテリーの固定を初め、裏蓋にタップが立ってます。
_dsc3755w400

 因みに microUSB 端子はメイン基板に直付けではなく、この様に交換が可能な設計となってました。

 交換可能と言っても一般人がパーツを入手出来るとも思えませんけど。

_dsc3758w400  ということで、裏蓋と思ったカバーは本体の底であって、外せない事が判明しました。
_dsc3757w400  このカバーの上に色々な部品が載っている訳です。

 microUSB 端子が焼損した方の Qua tab pz に戻りますが、液晶パネルを外す以外に分解する方法がありません

_dsc3760w400

 先程同様にパネルを外しますが、割ってしまってはイケナイので、慎重に行います。

 同様にデザインされた Z2 Tablet の液晶パネルは幾度となく破損させた経緯があります。

_dsc3761w400  分離出来ました。
_dsc3762w400  本体側にも、液晶側にも両面テープの糊残りがあります。
_dsc3763w400

 かなり面倒ですが、糊残りを除去する必要もあります。

 Z2 Tablet の液晶は消しゴムで擦っているだけで破損させた経緯もあります。Qua tab pz のパネルは Z2 Tablet のパネルに比べると強固な様です。

_dsc3764w400  シール剥がしも使ってベタ付きを除去します。

 続く…

ひでのブログ http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 気管支炎で自宅療養中 | トップページ | Qua tab pz LGT32 の液晶交換 ② »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145636/74534631

この記事へのトラックバック一覧です: Qua tab pz LGT32 の液晶交換:

« 気管支炎で自宅療養中 | トップページ | Qua tab pz LGT32 の液晶交換 ② »